君が生きた証

君が生きた証

その歌には衝撃の事実が隠されていた

「ファーゴ」「マグノリア」などで知られる名優ウィリアム・H・メイシーが初監督を務め、死んだ息子が残した楽曲を歌い継ぐ父親と、その歌に魅了されたミュージシャン志望の青年が、音楽を通じて再生し、成長していく姿を描いたドラマ。やり手の広告宣伝マンだったサムは、大学生の息子ジョシュを銃乱射事件で亡くしてしまう。会社を辞め、荒んだ生活を送っていたサムは、別れた妻から音楽好きだったジョシュが残したという歌の歌詞とデモテープを受け取る。その曲を聴き、息子のことを何も知らなかったことに気付いたサムは、ジョシュの遺品でもあるギターを手に、場末のライブバーでステージに飛び入り参加する。そんなサムの演奏を聴き、感銘を受けたロック青年のクエンティンはサムを説得し、親子ほど年の離れた2人はバンドを結成することになる。

原題:Rudderless / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2015年2月21日 / 上映時間:105分 / 製作会社:Unified Pictures / 配給:ファントム・フィルム

【無料動画】

『君が生きた証』予告編

(C)2014 Rudderless Productions LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら懸命に問題に向き合った人間の生き様を描く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。ネット配信であればレンタル店でDVDを借りるよりもはるかにスピーディに動画にありつけます。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器、自分の持っているメディアツールで自由自在に場所を問わずに鑑賞することができます。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「君が生きた証」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『君が生きた証』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ウィリアム・H・メイシー
脚本:ウィリアム・H・メイシー 、 ジェフ・ロビンソン 、 ケイシー・トゥエンター
撮影:エリック・リン

★【キャスト】
ビリー・クラダップ、アントン・イェルチン、フェリシティ・ハフマン、ジェイミー・チャン、セレーナ・ゴメス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.5/1063%52
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.0???/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN  
どうせこれは泣ける系の話だろうとたかをくくっていました。むしろ音楽で死を乗り越える的な、父子のベタ過ぎるノリを事前の情報からプンプン感じて、すでに興味も失せていました。監督だって有名ではないし、地味なドラマなんだろうなと。それは大きな間違いだったことを今になって反省しています。私がバカでした。大変申し訳ありません。ここにお詫び申し上げます。なんでこんな名作を見逃していたのか、私の映画を見ぬく能力の低さに怒りです。
●SPACEMOV  
これは絶対にネタバレがダメなやつです。繰り返しますが、必ず事前情報など中身に触れる文章は読まずに、評判も聞かない方がいいです。かといって、それじゃあ、この作品の良さを宣伝できない。なんてもどかしいんだ。とにかく「えっ!」と驚愕するような仕掛けがあり、それがこの物語の求心力になっていきます。製作者はどこまで狙ったのかは不明ですが、まんまとやられました。これはずるいですよ。そしていつのまにか2度目の視聴をしている…。
●OPENLOAD 
この映画を鑑賞したら、あなたは絶対にもう一度この映画を見たくなる! そんなダサいキャッチコピーを考え付きたくなるほど、巧妙なプロット。全てがひっくり返ったとき、私はそういうことか~と思わず口を出してしまったほど。つまり、あれはああで、これはこうなのか。それにしてもなんて難しいテーマなのでしょうか。答えは出ないし、悩んでも正解どころか批判をされてしまう。だからこそせめて歌うしかないのかもしれませんけど。