モンスターズ・インク

モンスターズ・インク

子どもの悲鳴が元気の源!

子どもの悲鳴をエネルギーに生きているモンスターたちを描いたピクサー作品。モンスターズ株式会社は、人間界に侵入して人間の子供の悲鳴を採集、それをエネルギー源にモンスターシティに電力を供給する会社。しかし、子供はたいへん有害なので、シティに連れ帰ることは禁止されている。同社のエリート社員、サリーはみんなが憧れる悲鳴採集の名人だが、ある日、人間の子供、ブーが、彼についてシティに来てしまう。

原題:Monsters, Inc. / 製作:アメリカ(2001年) / 日本公開日:2002年3月2日 / 上映時間:92分 / 製作会社:Pixar Animation Studios / 配給:ブエナ・ビスタ / 製作費:1億1500万ドル / 興行収入:5億7700万ドル / 次作:『モンスターズ・ユニバーシティ

【無料動画】

映画『モンスターズ・インク 3D』予告編映像

(C) DISNEY/PIXAR


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

世界的に大人気なディズニー作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっているからこその面白さです。そんな話題の映画をお得に見るなら、動画配信サービスを上手く使いましょう。取り扱いが限定的なこともありますが、単体作品ごとにレンタルするタイプであれば、そこまで面倒なこともなく、視聴しやすいでしょう。スマホ、パソコン、タブレット、テレビ、ゲーム機器と自由自在に視聴スタイルを変更できるのでとても便利です。

「お金がかかるよね…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「モンスターズ・インク」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

最新映画をいち早くお得に観たい人は試写会を利用するのも手です。ご存知のとおり、比較的扱いの大きい作品では試写が開催されており、事前に申し込んでおけば抽選でウォッチする機会を手に入れることができます。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「子どもに見せられない作品が表示されたら、どうしよう?」という問題です。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

『モンスターズ・インク』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ピート・ドクター
共同監督:リー・アンクリッチ、デビッド・シルバーマン
製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン
脚本:ダン・ガーソン、アンドリュー・スタントン
音楽:ランディ・ニューマン

★【キャスト(キャラクター)】
ジョン・グッドマン(ジェームズ・P・サリバン)、ビリー・クリスタル(マイク・ワゾウスキ)、メアリー・ギブス(ブー)、スティーヴ・ブシェミ(ランドール・ボッグス)、ジェームズ・コバーン(ヘンリー・J・ウォーターヌース社長)、ジェニファー・ティリー(セリア・メイ)、ボブ・ピーターソン(ロズ)、ジョン・ラッツェンバーガー(イエティ)、ダン・ガーソン(スミティ)、フランク・オズ(ジェフ・ファンガス)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.1/1096%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.0???/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第74回アカデミー賞で主題歌賞(“If I Didn't Have You”)を受賞。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
この不思議な世界観の映画は2つの普遍的なテーマがあると思います。1つ目は自分たちに理解できないものは恐怖の対象でしかないこと。2つ目はエネルギー問題です。この2つを結び付けてこんな独創的なストーリーで物語るなど、そうそう思い付かないです。ピクサーの世界観構築力に脱帽。この高難易度な設定を見事に成功させているのだから、作り手は天才じゃないかと。この秀逸なユニークすぎるアイディアだけでも盛大な拍手を送りたいです。
●映画フリー  
人間界の子供の悲鳴をインフラエネルギーとするモンスター界のサリーとマイクと人間界の幼い女の子ブーのお話。子育て映画ですね。ブーがすごく可愛らしい。モンスターシティでモンスターの着ぐるみを着てる時なんか最高にキュート。泣き声よりも笑い声が世界を救うっていう展開も素晴らしい。「笑いのパワーは悲鳴の10倍」という名セリフもナイス。何でもないシーンで涙がボロボロこぼれる、とても美しいストーリーでした。
●CRUNCHYROLL  
無印モンスターズインクは歴代ピクサー作品でも突出したユニークさが際立っている。この映画はヲタク達によるハリーハウゼンへのオマージュに徹した娯楽モンスター映画であるのが嬉しい。「恐怖」を否定的に描いているように見えて、本題はそこではなくて「見方を変えること」にある。モンスターを全く怖がらない子どもなど、あらゆる個性を肯定する。古い扉は消えてしまったが、そこには新しい扉が未来に向けて開かれるのだ。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする