ヒミズ

ヒミズ

生きることは泥臭い

ギャグ漫画「行け!稲中卓球部」で人気を博した古谷実が、ギャグを封印して若者の心の暗部を浮き彫りにしたコミック「ヒミズ」を、「冷たい熱帯魚」「恋の罪」の鬼才・園子温監督が実写映画化。ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子。ともに15歳の2人の日常が、ある事件をきっかけに絶望と狂気に満ちたものへと変わっていく様子を描く。

原題:ヒミズ / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2012年1月14日 / 上映時間:129分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『ヒミズ』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

日常が崩壊して苦境に立たされる人間たちの苦悩を大胆に描いたドラマチックな作品はそれだけで見ごたえのある映画です。そんな魅入ってしまう作品を満喫するなら、人気も増えている動画配信サービスを活用してお得に見ましょう。このサービスは2種類の視聴タイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもの。もうひとつは対象作品が見放題になるもの。作品がどちらに属しているかを確認しながら、サービスを利用しましょう。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ヒミズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ヒミズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:園子温
脚本:園子温
撮影:谷川創平
音楽:原田智英

★【キャスト】
染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子

★【インタビュー】
・染谷将太「すごいことになるんだろうな…とは思っていたけれど、やってみたら思っていた以上にすごいことになって。震災後、園さんは脚本を(大きく)書きかえたんですが、前以上に素晴らしい脚本に仕上がっていたので、役者としてすごく燃えましたね」
・二階堂ふみ「茶沢として住田に接するなかで、染谷くんの印象はたくさんあるんですけど、ひとつ忘れられない出来事があるんです。私はこの現場が大好きだったので、撮影が後半に近づくにつれて、終わりたくない! 終わるのは嫌だって漏らしていたんですね。そうしたら染谷くんが『もうすぐ終わりだね』と笑った。そのときのニコッとした顔が忘れられなくて。私は終わりが近づいているのを実感したくなかったのに…(苦笑)」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.41/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第68回ベネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
原作を読んでの映画でしたが原作にも負けないぐらいの面白さでした。染谷将太と二階堂ふみの演技も素晴らしかった。3.11の映像を取り入れたことで原作と違ったエンディングになっていて絶望に負けたじゃなく希望に負けたと感じ取れました。ラストの「がんばれ!」と連呼するシーンは監督の被災地への気持ちも含まれているような気がします。震災はあの園子温でさえも影響を与えたのですね。
●映画FUN  
園子温監督はグロでなくてもやれるということを証明した作品。しかも世界にさえ評価されたのだから言うことなし。惚れ直してしまった。もともと原作ファンでしたが、原作を壊しながらも生かした、漫画原作の中では稀に見る名作といえるだろう。こんな映画は後にも先にもこれっきりじゃないか。それにしても主人公の少年役の染谷将太さんの目と、ヒロイン役の二階堂ふみさんのパワーは圧倒的。役者って恐ろしい…。