クラウド アトラス

クラウド アトラス

ウォシャウスキーが贈る脅威の世界

「マトリックス」のラナ&アンディ・ウォシャウスキー、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクバの3人の監督がメガホンをとり、デビッド・ミッシェルの同名小説を映画化。悪人として始まったある男の人生が、過去・現在・未来といくつもの時間や空間と交錯する。数奇な体験を経た男が世界を救おうとする姿を、ドラマやSF、アクション、ミステリー、ファンタジーなどさまざまなジャンルを内包して描く壮大な物語。

原題:Cloud Atlas(「クラウド・アトラス」) / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2013年3月15日 / 上映時間:172分 / 製作会社:Cloud Atlas Production / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:1億2800万ドル / 興行収入:1億3000万ドル

【無料動画】

映画『クラウド アトラス』本予告編

(C)2012 Warner Bros. Entertainment. All rights reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

幻想的な設定で観客を驚かせるようなビジュアル重視の映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなダイナミックな映画をお得に見るなら、動画配信サービスを使いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらでも便利なことは同じですが、使い勝手が違うので事前にしっかり下調べしておくと良いでしょう。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるインセンティブがあるので心配無用です。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「クラウド アトラス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『クラウド アトラス』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ、アンディ・ウォシャウスキー
脚本:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ、アンディ・ウォシャウスキー
撮影:ジョン・トール、フランク・グリーベ
音楽:トム・ティクヴァ、ジョニー・クリメック、ラインホルト・ハイル

★【キャスト】
トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィービング、ジム・スタージェス、ベン・ウィショー、ペ・ドゥナ、ジェームズ・ダーシー、ヒュー・グラント

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.5/1066%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第70回ゴールデングローブ賞で最優秀作曲賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
本当の骨太SF映画を観たという衝撃をドカンと脳みそにぶちまけられました。輪廻転成、カルマ、前と悪といったテーマをそれぞれの短編で物語る構成で、その内容からして仏教的なので日本との親和性が良いと思います。だからこそのペドゥナ起用なのかもしれません。手塚治虫師匠のスターシステムのように1人の役者さんが時代を超えて何作も演じるなど、壮大な物語の中に非ハリウッド的な要素を随所に感じます。好きな人はドハマりすることでしょう。
●OPENLOAD  
何度も視聴を繰り返さないと全容の把握は難しいだろう。ある時代では主役だけどある時代では脇役だったり、男として生まれた時代もあれば女として生まれた時代もある、といったような時代ごとの役柄の変化は作品の複雑性を何百倍にも増長している。さすがにこの規模の作品をディレクションするのは至難の業だったのか、監督は複数で担当。冗長すぎかと思いきや、終わって見るとスケールに圧倒される存在感が印象的な稀有なSFとして大事にしたい。
●SPACEMOV  
1800年代、1900年代前半、1973年、2012年、2144年と入り組みながらそれぞれの物語が入り乱れる。まずこの特殊な展開に驚いた。今まで多少の時勢の交差はあっても、ここまでの知恵の輪みたいな混乱具合は初めてで、私に理解できるか不安だった。結果は問題なし。各エピソードをウォシャウスキー姉弟とトム・ティクヴァが担当することからオムニバスのような、グランドホテル形式であり、とても豪華でバラエティが魅力。疲れるけど、観て良かった。