妻への家路

妻への家路

この世でも最も切ない夫婦の愛の物語

「赤いコーリャン」「秋菊の物語」「活きる」といった名作を生み出してきた中国の巨匠チャン・イーモウと女優コン・リーが、「王妃の紋章」以来8年ぶりに再タッグを組んだヒューマンドラマ。記憶障害で夫を他人だと思い込む妻と、そんな妻に寄り添い続ける夫の愛情を描いた。1977年、文化大革命が終結し、収容所から解放されたルー・イエンチーは、妻のフォン・ワンイーと再会する。しかし、夫を待ちわびるあまり、その心労から記憶障害となっていたワンイーは、イエンチーを夫だと認識することができなかった。イエンチーは、いつか妻の記憶が戻ることを信じて、他人として向かいの家に住み始めるが…。

原題:帰来 Coming Home / 製作:中国(2014年) / 日本公開日:2015年3月6日 / 上映時間:110分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『妻への家路』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

人間の心の内に抱える喜怒哀楽を丁寧なドラマと共に描いた作品は静かですが見ごたえがあります。そんな穏やかなヒューマンドラマを観たいときは、動画配信サービスが適切と言えます。ネット配信なので、好きな媒体でも観れます。また、自分に合っている視聴メディアを選べるだけでなく、他の同じジャンルや同じ国の作品を選択できるので、検索して連続で鑑賞することも簡単にできます。便利なサービスなので試す価値ありです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「妻への家路」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『妻への家路』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:チャン・イーモウ
脚本:ヅォウ・ジンジー
撮影:チャオ・シャオティン
音楽:チェン・チーガン

★【キャスト】
チェン・ダオミン、コン・リー、チャン・ホエウェン、チェン・シャオイー、イェン・ニー、リュウ・ペイチー、ズー・フォン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
配偶者が認知症で苦しむドラマは多いが、文化大革命が絡んだのは無いと思う。文革は実質的には中国共産党の権力争いで、知識人の多くが粛清された。主人公は処刑こそされなかったが、長いこと服役して文革が終わって釈放された。そして帰宅すると妻は若年性認知症になっていた…そんな話。切ないというのはこういうことなのだ。どちらもとても不幸なのだが、夫が銃殺されたり自殺したわけではない。
●映画フリー
父と娘、母と娘の和解がありそれが一番救い。認知症は進行する病気でハッピーエンドは望めないが、主人公が刑務所で書いた手紙の量が服役の期間を物語る、中国映画も言論統制の枠の中で、民衆の生活感が出ていて独特な感じだ。バレエを踊るシーンを含め、奏でられる音楽がとても情緒的で、「泣ける」のひと言では片付けられないような儚いイメージが綴られる。この作品は愛について考えさせる人間の人生を現した一作だ。
●BILIBILI 
こういう手の話って、普通最後は記憶を取り戻してめでたしめでたし、なんだけど、この映画は違った。記憶をなくして夫のことがわからなくった妻は、夫をただの親切な人と思い込み、いつまでも夫の帰りを待ち続ける…という切ないストーリー。娘とのわだかまりもあり、家族が一つになるまでを描いた作品。久しぶりに会えたのに、会えない。もうどうすればいいのかわからない。でも生きるしかない。地味だけどいい映画だ。
●STREAMIN
これは解釈に困る。夫婦は「再会」できないまま歳をとり、ラストシーンでは年老いた妻が同じく年老いた夫の横で、自分の記憶の中の「夫」を待っている。この構図、何なんだろう。きっとあのシーンの後も、二人は「今日も帰ってこなかったね」と言いながら自宅に帰り、妻は夫の、夫は「妻の中の自分」の帰りを待つ…まさに「妻への家路」だ。愛に浮かれるわけにはいかない。受け止めるのに苦労してしまった。