ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー

今度の海の旅は記憶を遡る冒険になる

ピクサーの大ヒット作である前作「ファインディング・ニモ」から13年ぶりとなる待望の続編。カクレクマノミのマーリンが陽気なドリーとともに、愛する息子ニモを人間の世界から救出した冒険の旅から1年後が舞台。昔のことどころか、ついさっき起きたこともすぐに忘れてしまうドリーだが、夢をきっかけに“家族の思い出”を取り戻し、忘れてしまったはずの家族を探すことを決意する。

原題:Finding Dory / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年7月16日 / 上映時間:103分 / 製作会社:ピクサー・アニメーション・スタジオ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:2億ドル / 興行収入:10億2800万ドル / 前作:『ファインディング・ニモ』

【無料動画】

「ファインディング・ドリー MovieNEX」予告編
Go Behind the Scenes of Finding Dory (2016)

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

世界的に大人気の映画はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんな話題の映画をお得に見るなら、動画配信サービスを上手く活用しましょう。ディズニー作品は扱いが限定的ですが、それでも関連作を一気見することはレンタル店よりは簡単です。家にパソコンやテレビがない人でも安心。スマホが使えるのでアプリをインストールすれば、いつでもどこでも映画館に早変わり。自由に視聴スタイルを選べます。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「ファインディング・ドリー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい面白さの発見につながるかもしれません。

家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「子どもに見せられない作品が表示されたら、どうしよう?」という問題です。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

『ファインディング・ドリー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マクレーン
脚本:アンドリュー・スタントン
音楽:トーマス・ニューマン

★【キャスト】
エレン・デジェネレス、アルバート・ブルックス、ダイアン・キートン、ユージン・レビ、タイ・バレル

★【雑学(トリビア)】
・映画公開時は短編アニメーション『ひな鳥の冒険』(原題『PIPER』)が同時上映。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.3/1094%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
海の質感というか、光の明暗がほんとうに綺麗。まるで自分が海の中にいるような気分になって、終盤の展開なんて私まで不安と孤独でいっぱいになりました。話は今度はドリーを探すという展開になるのですが、同じような続編だなと思っていました。しかし、ドリーの自分探しも合わさって、この映画はかなり印象深いものになり、1作目とは全然テイストが違ってきている。終盤の真実が明らかになるシーンは子ども向けとは思えない切なさがある。
●映画フリー 
ドリーにもう一度会えてうれしい! 今作から登場した新しい海の生き物たちも良いキャラばかりで楽しいです。海洋施設が舞台になり、不思議な未知の海ではなく、良く知っている人間側の施設になるので、ギャップが楽しいです。ただ、ちょっと陸上でも万能すぎる気もします。主にタコのせいなのですが…。でもタコは賢く、扉を開けることもできるらしいので、案外これをフィクションとしてバカにはできないものかもしれませんよ。
●STREAMANGO 
さすがのピクサー。圧倒的な映像美。本当に海の底みたいな、吸い込まれる映像に息を飲みました。これはスクリーンで観ないとわからないでしょう。ニモの時もドリーの時も、ハンディキャップを持った少数者を主人公にしているのですが、ニモは子どもらしい「頑張れ!」という応援気分で見れますが、ドリーは「そうだよね」という大人の現実にどう向き合うかの話になっています。その違いも含めて、1作目と比較しながら見るのもいいものです。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする