ファインディング・ドリー

ファインディング・ドリー

今度の海の旅は記憶を遡る冒険になる

ピクサーの大ヒット作である前作「ファインディング・ニモ」から13年ぶりとなる待望の続編。カクレクマノミのマーリンが陽気なドリーとともに、愛する息子ニモを人間の世界から救出した冒険の旅から1年後が舞台。昔のことどころか、ついさっき起きたこともすぐに忘れてしまうドリーだが、夢をきっかけに“家族の思い出”を取り戻し、忘れてしまったはずの家族を探すことを決意する。

原題:Finding Dory / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年7月16日 / 上映時間:103分 / 製作会社:ピクサー・アニメーション・スタジオ / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:2億ドル / 興行収入:10億2800万ドル

★【スタッフ】
監督:アンドリュー・スタントン
共同監督:アンガス・マクレーン
脚本:アンドリュー・スタントン
音楽:トーマス・ニューマン

★【キャスト】
エレン・デジェネレス、アルバート・ブルックス、ダイアン・キートン、ユージン・レビ、タイ・バレル

★【雑学(トリビア)】
・映画公開時は短編アニメーション『ひな鳥の冒険』(原題『PIPER』)が同時上映。

【無料動画】

「ファインディング・ドリー MovieNEX」予告編
Go Behind the Scenes of Finding Dory (2016)

(C)2016 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu×】
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket×】
VOD7【dTV×】
VOD8【au-Video×】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
95% Rotten Tomatoes
映画.com 3.6 / 5.0
Yahoo!映画 3.89 / 5.00
Filmarks 3.8 / 5.0

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
海の質感というか、光の明暗がほんとうに綺麗。まるで自分が海の中にいるような気分になって、終盤の展開なんて私まで不安と孤独でいっぱいになりました。話は今度はドリーを探すという展開になるのですが、同じような続編だなと思っていました。しかし、ドリーの自分探しも合わさって、この映画はかなり印象深いものになり、1作目とは全然テイストが違ってきている。終盤の真実が明らかになるシーンは子ども向けとは思えない切なさがある。
●映画フリー 
ドリーにもう一度会えてうれしい! 今作から登場した新しい海の生き物たちも良いキャラばかりで楽しいです。海洋施設が舞台になり、不思議な未知の海ではなく、良く知っている人間側の施設になるので、ギャップが楽しいです。ただ、ちょっと陸上でも万能すぎる気もします。主にタコのせいなのですが…。でもタコは賢く、扉を開けることもできるらしいので、案外これをフィクションとしてバカにはできないものかもしれませんよ。
●STREAMANGO 
さすがのピクサー。圧倒的な映像美。本当に海の底みたいな、吸い込まれる映像に息を飲みました。これはスクリーンで観ないとわからないでしょう。ニモの時もドリーの時も、ハンディキャップを持った少数者を主人公にしているのですが、ニモは子どもらしい「頑張れ!」という応援気分で見れますが、ドリーは「そうだよね」という大人の現実にどう向き合うかの話になっています。その違いも含めて、1作目と比較しながら見るのもいいものです。
ピクサー

★【ピクサー制作アニメ映画 を総復習!】

  • 第1作『トイ・ストーリー』(1995年)
  • 第2作『バグズ・ライフ』(1998年)
  • 第3作『トイ・ストーリー2』(1999年)
  • 第4作『モンスターズ・インク』(2001年)
  • 第5作『ファインディング・ニモ』(2003年)
  • 第6作『Mr.インクレディブル』(2004年)
  • 第7作『カーズ』(2006年)
  • 第8作『レミーのおいしいレストラン』(2007年)
  • 第9作『ウォーリー』(2008年)
  • 第10作『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009年)
  • 第11作『トイ・ストーリー3』(2010年)
  • 第12作『カーズ2』(2011年)
  • 第13作『メリダとおそろしの森』(2012年)
  • 第14作『モンスターズ・ユニバーシティ』(2013年)
  • 第15作『インサイド・ヘッド』(2015年)
  • 第16作『アーロと少年』(2015年)
  • 第17作『ファインディング・ドリー』(2016年)
  • 第18作『カーズ クロスロード』(2017年)
  • 第19作『リメンバー・ミー』(2017年)
  • 第20作『インクレディブル・ファミリー』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする