ゲド戦記(2006)

ゲド戦記

竜が語りかける、生きることの厳しさ

アーシュラ・K・ル=グウィンによる世界的ファンタジー小説を原作に宮崎駿監督の長男宮崎吾朗が初メガホンをとったスタジオジブリの大作アニメ。世界で最も偉大な魔法使い「大賢人」と呼ばれているハイタカ(別名ゲド)は、世界に災いをもたらす源を探し出すために旅を続けていた。そんな中、ハイタカはエンラッドの王子アレンと出会うが、アレンは父である国王を刺し、国を出たばかりだった…。

原題:ゲド戦記 / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2006年7月29日 / 上映時間:115分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

Aoi Teshima - Toki No Uta

(C)2006二馬力・GNDHDDT


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

日本のみならず世界的に注目の高いスタジオの作る作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな話題性抜群の映画をお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用してみるのもひとつの手です。レンタル店でDVDを借りるという手段も大きな選択肢ですが、人気だとすでに手にするのが難しいこともあります。ネット配信なら品切れという概念がないので、自由です。ウェブサイトにアクセスして動画の有無を確認するだけなので簡単です。

「お金がかかるよね…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ゲド戦記」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

フリムビ2では「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『ゲド戦記』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:宮崎吾朗
脚本:宮崎吾朗、丹羽圭子
音楽:寺嶋民哉
主題歌:手嶌葵

★【キャスト】
岡田准一、手嶌葵、菅原文太、田中裕子、香川照之、風吹ジュン、内藤剛志

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.5/1041%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.4/5.0???/5.002.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
素直な心で観たら楽しいですよ。酷評されているのでそれを踏まえて批評家気分で観たら楽しくないかもしれません。というか、そんか気持ちで観たらどんな映画も楽しくなくなります。そんな、斜めから物を見れている自分が有能っていう感覚を無くして、作品として素直に観たら楽しいですよ。酷評する方も多いですが私はこんな映画を作る才能も技術もありません。これを作れる方々の才能と技術に称賛を送りつつ、とても楽しく見させてもらいました。
●映画フリー 
ゲド戦記の一巻とは全く違うストーリーでした。監督がプロデューサーさんとアレンジをした作品だと聞いていましたが、あまりに大きく違っていたことに度肝を抜かれました。最終的に誰だったのかよくわからなかった人物もいましたが、全体的にとてもいい作品だと思いました。いつか終わってしまう命にどう向き合って行けばいいのかというテーマが私は特に好きでした。全体的に暗いとおっしゃる方もいますが最終的にはハッピーエンドです。
●BILIBILI
監督が違うからとか他のジブリ映画と比べて駄作扱いされてるようだけど、そういうの全部置いといて、世間の邪道な解釈を無視して、純粋にこの映画を楽しめたのでOK。最後には王子が苦悩を乗り越えて、魔法の剣を抜くことができるようになるというストーリーに大変感動しました。意外に普通の王道ファンタジーでもあるのですが、全体的にテイストが暗すぎたのが問題だったのかもしれません。ただし、あのテーマ曲は神であると断言したいですね。
●CRUNCHYROLL
父と息子の確執という、製作側の方が物凄いドラマがある映画です。気になるのであれば、製作の裏側に密着したドキュメンタリー番組が参考になります。世の中的には酷評多いですが、公開当時はそんなことはなかった気がします。おそらくネット、とくにSNSが発達して、とりあえずこの作品を叩いておけばカッコいいみたいな風潮が出来上がってしまったのですよね。不運な映画です。やっぱりこの作品を考察するには宮崎吾朗の人生が鍵です。