インヒアレント・ヴァイス

ポール・トーマス・アンダーソンが独創的な世界を映像化

映画『インヒアレント・ヴァイス』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『インヒアレント・ヴァイス』の動画リンクへ。

ポール・トーマス・アンダーソン監督とホアキン・フェニックスが再タッグを組み、米作家トマス・ピンチョンの探偵小説「LAヴァイス」を映画化。製作総指揮はスコット・ルーディンとアダム・ソムナー。1970年代のロサンゼルスを舞台に、ヒッピーの探偵ドックが、元恋人の依頼を受けたことから思わぬ陰謀に巻き込まれていく姿を描いた。元恋人のシャスタからのある依頼。全てはここから始まった。それは彼女が愛人をしている不動産王の悪だくみを暴いてほしいというもので、私立探偵のドックは取り組んでいくことになる。しかし、それはさっそく予想外の出来事で躓く。ドックが調査を開始すると不動産王もシャスタも姿を消してしまって、事件に謎を残す。ドックはやがて、巨大な金が動く土地開発に絡んだ、国際麻薬組織の根深い陰謀に引き寄せられていく。

原題:Inherent Vice(「インヒアレント・バイス」) / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2015年4月18日 / タイム:149分 / プロダクション:IAC Films / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『インヒアレント・ヴァイス』予告編【HD】2015年4月18日公開

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC, AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。

▼『インヒアレント・ヴァイス』の無料動画は見れる?▼

大御所監督の映画は意外に見逃している人も多いことがあります。そんな実はとても素晴らしい価値のある作品をあらためて視聴するなら、動画配信サービスの右に出るものはいません。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりもメリットはいろいろと揃っています。どうしても店で映画を探すときは、見つけづらいこともありますが、ネットの特性を最大限生かせるこのサービスならばウェブサイトにアクセスするだけで一瞬で判断できます。

利用料は親切設計。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツの利用はストップすべきです。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「インヒアレント・ヴァイス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

こんな方法があるのは知っていますか。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

配信終了日時はおおまかにわかりますので、フリムビ2でも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、大人の事情があるものなので余裕をもって対応していくしかないです。「インヒアレント・ヴァイス」を見逃さずに。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。

『インヒアレント・ヴァイス』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『インヒアレント・ヴァイス』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ポール・トーマス・アンダーソン(関連作品:『ザ・マスター』)
脚本:ポール・トーマス・アンダーソン
撮影:ロバート・エルスウィット
音楽:ジョニー・グリーンウッド

★俳優
ホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン、キャサリン・ウォーターストーン、リース・ウィザースプーン、ベニチオ・デル・トロ、ジェナ・マローン、ジョアンナ・ニューサム、マーティン・ショート、マーヤ・ルドルフ

★『インヒアレント・ヴァイス』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.7 73% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.3 ??? 3.6
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『インヒアレント・ヴァイス』の反応

●Mコメンテーター
とにかく謎の多い物語で、一回では理解に至らないから困る。でも、よく考えてみると、この映画で重要だったのは「シャスタの不在」だったんだと納得がいった。タイトルを訳すと「内在する欠陥」となるけれど、それこそが彼女の役割だったということ。基本的な骨格は刑事モノで、終始あてもなく捜査に明け暮れているけど、肝心な何を探しているかがいまいち見えて来ない。しかし、こうやって物語を読み解くことで色鮮やかなカオスを整理できるのだ。
●SPACEMOV 
全体的に霧がかったような作風のため視聴者の思考も鈍くなる。ましてや会話や映像もシュールだったりするので余計にもやもやする。それこそが狙いなのは言うまでもないのだが。ヒッピー探偵という一見アウトサイダーとして見られがちな主人公の活躍。しかし、ただの変人のドラマというわけではない。人間としての良い部分にちゃんとスポットライトを当てて、理不尽なドラマ構成のなかで、この人物像を独自のアプローチで掘り起こす名作である。
●Bジャーナリスト 
唐突で卑猥なSEXシーン、胡散臭いカルト的教祖、実態の読めない社会集団等、ポール・トーマス・アンダーソンの切れ味が今作でも鋭い。主人公のコメディ感覚と彼を包む世界観とのズレが、不動産王の身辺調査からエンディングまで延々と生じていて、最高に心地良い。怠惰な性格の故に環境がシビアに転がっていこうとも、彼は一向にシリアスに構える所がなく、その故、環境にまた延々と狂わされていく。この連鎖がいつまでも観ていたい気もする。