サニー 永遠の仲間たち

サニー 永遠の仲間たち

韓国では大ヒット!日本でも口コミで話題沸騰!

1970~80年代の洋楽ヒットナンバーの数々で彩られ、2011年韓国で740万人を動員した、高校時代に仲良かった女性たちが久しぶりに集い、過去を思い返してまた団結を確かめる感動ドラマ。夫や娘にも恵まれ、何不自由ない生活を送っていた42歳のナミは、ある日、母の入院先で高校時代の友人チュナと再会する。25年前の高校生時代、ナミやチュナら7人の仲良しグループはずっと一緒にいると約束しあったが、ある事件がきっかけで離れ離れになってしまっていた。病気に苦しみ、最後にみんなに会いたいというチュナのため、ナミは当時の仲間を集めようと決意。各地に散った仲間を訪ねる旅の過程で、再び人生に輝きを取り戻していく。

原題:Sunny / 製作:韓国(2011年) / 日本公開日:2012年5月19日 / 上映時間:124分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『サニー 永遠の仲間たち』予告編

(C)2011 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼無料動画を見る方法▼

ドラマチックな感動ストーリーを見たければ韓国映画はどうでしょうか。さらにそれをお得に鑑賞する方法があります。当然、高画質かつ安定した動画環境で鑑賞する方法です。動画の再生が途中で止まったり、低品質な画面に悩まされることもありません。めんどくさいステップなしに、映画動画を一度に視聴することができます。そんな便利なツールが動画配信サービスです。パソコン、スマホ、テレビ、あらゆる媒体で視聴可能。余計な広告ももちろん一切ありません。しかも、無料の試用キャンペーンがあり、その期間であればじっくりサービスの使い心地をタダで試すことができます。つまり、見たい作品もその間であればお金の心配もなく、観ることができるということです。まさに無料動画体験です。

しかし、動画配信サービスは数多く存在して、どれが見たい作品を扱っているのかわかりにくいのが欠点です。そこでこのサイトでは各作品ごとに視聴可能なVODを整理しています。情報は随時更新されていき、古い情報が掲載されたままの他のサイトとは違います。紹介されているVODの中から自分に合ったサービス(とくに利用したことがないものが良いでしょう)の動画リンクを選択。実際にお試ししてみましょう。

『サニー 永遠の仲間たち』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:カン・ヒョンチョル
脚本:カン・ヒョンチョル

★【キャスト】
シム・ウンギョン、カン・ソラ、キム・ミニョン、パク・チンジュ、ミン・ヒョリン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.0/5.04.31/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
現代での出来事と過去の回想がスイッチする時の演出がとにかく素晴らしい!メンバーも個性的ですが、どこか憎めない可愛さがあります。自分の女子高時代と現在の40代という年齢が丁度重なって、切ないながらも、すがすがしい気持ちになれた映画でした。学生時代の友人と思い出は何物にも代え難い大切なものだとしみじみ思いました。高校時代も現在も、主人公たちがこの上なく瑞々しい。コメディタッチですが、やり過ぎないところもいいです。
●映画FUN 
韓国映画ですが、日本人でも大共感できる素晴らしいドラマチックなストーリーのジェットコースター。何よりも過去を思い出せる、青春映画と現代映画のバランスが素晴らしい。平行して描かれる現在の自分との対比も涙なくして見られません。多種多様な登場人物の造詣もあいまって、誰もが誰かに自己を投影させる事が出来るのだと思う。口汚く、でもエネルギーだけには満ち溢れている。あんな時代が確かにあった。そう思い出させてくれます。
●BILIBILI 
1970~80年代の洋楽ヒットナンバーにリアルタイム世代ではないですが聞き覚えのある曲に心が弾みます。私が本作で最も秀逸だと感じる点はやはり“演出”であると思う。登場人物達の現在の姿と過去の彼女達の姿が違和感なくスムーズに入れ替わり、「なるほどそういう事だったのか」とばかりに物語が補完されていく。彼女達の甘酸っぱい青春時代の経験、現在の姿が観ているこちらともクロスオーバーし、何とも言えないノスタルジックな気持ちに。