マネーボール

マネーボール

ブラッド・ピット主演、感動の人生ドラマ

メジャーリーグ「オークランド・アスレチックス」のGM(ゼネラルマネージャー)、ビリー・ビーンの半生を、ブラッド・ピット主演で映画化。全米約30球団の中でも下から数えたほうが早いといわれた弱小球団のアスレチックスを独自の「マネー・ボール理論」により改革し、常勝球団に育てあげたビーンの苦悩と栄光のドラマを描く。かつて超高校級選手としてニューヨーク・メッツからドラフト1巡目指名を受けたスター候補生だったビリー・ビーン。今はスカウトに転身し、第二の野球人生を歩み始めていた。ある日、トレード交渉のためにクリーブランド・インディアンスのオフィスを訪れたビーンは、イエール大学卒業のスタッフ、ピーター・ブランドに出会う。ブランドは各種統計から選手を客観的に評価する『セイバーメトリクス』を用いて、他のスカウトとは違う尺度で選手を評価していた。

原題:Moneyball / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2011年11月11日 / 上映時間:133分 / 製作会社:Scott Rudin Productions / 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / 製作費:5000万ドル / 興行収入:1億1000万ドル

★【スタッフ】
監督:ベネット・ミラー
脚本:スティーブン・ザイリアン、アーロン・ソーキン
撮影:ウォーリー・フィスター
音楽:マイケル・ダナ

★【キャスト】
ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・プラット、スティーヴン・ビショップ、リード・ダイアモンド、ブレント・ジェニングス、ケン・メドロック、ジャック・マクギー

【無料動画】

映画『マネーボール』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼作品をより深く知る▼

★【評価】
94% Rotten Tomatoes

第84回アカデミー賞で作品賞・主演男優賞・助演男優賞・脚色賞・編集賞・音響録音賞にノミネート。

★【感想・批評】

映画の無料動画で夢心地(2016年1月16日) 
この映画はあらすじで読み取れるような、最強の野球チームを作っていく熱血スポコンドラマではありません。ひとりの人間であるビリー・ビーンを追いかけた作品なんですね。野球に統計学を用いて、評価はされていないが戦力になりそうな選手を次々とトレードし低予算で強いチームへと作り上げていく。その過程は面白いです。でも、重要なのはそこではなく、その無機質な計算の中で、彼のよくはない人生とも折り合いをつけて前に進んでいくことです。
SPACEMOV (2016年2月17日) 
野球映画ってストーリーの進め方とか終わり方とかが、似たり寄ったりになってしまいがちだけど、脚色がかなり良かったおかげで、全然感じなかった。野球映画っぽくないのが良かったのかもしれない。あとは役者の名演ですよね。この映画なくしてブラッド・ピットの俳優としてのキャリアがステップアップすることもなかったと思います。アカデミー主演男優賞ノミネートも大納得の演技でした。最後の涙にはこちらまで泣きました。本当にいい映画です。
STREAMANGO (2016年3月10日) 
ベネット・ミラー監督作の特徴である地味さや静かさは今作でも相変わらず。その落ち着いたドラマの中でも密かな人間の葛藤がまたいい。マイケル・ルイスの原作も良いが、ここまで素晴らしい映画脚本に落とし込んだアーロン・ソーキンには脱帽。つまり、製作陣が完璧だった。野球映画という側面ばかりが注目されがちだが、最高の父子映画にもなっているのも注目点だ。最後に彼の人生を後押ししたのは金でも統計でもない。そこがメッセージだ。