ボーダーライン(2015)

ボーダーライン

衝撃の緊張感が全編で持続

ドゥニ・ヴィルヌーブ監督がエミリー・ブラントを主演に迎え、アメリカとメキシコの国境地帯で繰り広げられる麻薬戦争の現実を、リアルに描いたクライムアクション。巨大化するメキシコの麻薬カルテルを殲滅するため、米国防総省の特別部隊にリクルートされたエリートFBI捜査官ケイトは、謎のコロンビア人とともにアメリカとメキシコの国境付近を拠点とする麻薬組織撲滅の極秘作戦に参加する。しかし、仲間の動きさえも把握できない常軌を逸した作戦内容や、人の命が簡単に失われていく現場に直面し、ケイトの中で善と悪の境界が揺らいでいく。

原題:Sicario / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年4月9日 / 上映時間:121分 / 製作会社:ブラック・ラベル・メディア、サンダー・ロード・ピクチャーズ / 配給:KADOKAWA / 製作費:3000万ドル / 興行収入:8480万ドル / 次作:『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ

【無料動画】

映画『ボーダーライン』予告編
Sicario (2015) Behind the Scenes

(C)2015 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】

[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼無料動画を見る方法▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけのスリルがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが良いでしょう。レンタル店でDVDを借りるのも一般的でしたが、今やネット配信がスタンダードになり、多くのユーザーが活用しています。続編なども連続して鑑賞するのが簡単ということもあり、一気に話を振り返りたいときにも最適なので試す価値があります。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるキャンペーンがあるので心配無用です。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「ボーダーライン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい面白さの発見につながるかもしれません。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

『ボーダーライン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ドゥニ・ビルヌーブ(関連作品:『複製された男』、『プリズナーズ』)
脚本:テイラー・シェリダン
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:ヨハン・ヨハンソン

★【キャスト】
エミリー・ブラント、ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、ビクター・ガーバー、ジョン・バーンサル、ダニエル・カルーヤ、マキシミリアーノ・ヘルナンデス、ラオール・トゥルヒージョ、ローラ・カニンガム

★【雑学(トリビア)】
・映画の舞台となるメキシコのフアレスに取材班は行って覆面捜査官の護衛の下、実際にロケハンしている。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.6/1092%82
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.80/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第88回アカデミー賞で撮影賞、作曲賞、音響編集賞にノミネート。

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画フリー 
主人公であるケイトが、ずっと作戦の全貌が理解できないまま背中を強引に押されるように進んでいく。自分が居る意味も分からず、何の作戦なのかもわからない。当然観客である私もずっとわけがわからない。ただ、感じるものがある。恐怖だ。ここはヤバい、絶対にいてはいけない。その増幅し続ける不安だけがついに終盤正体を現す。正義なんて初めからなかった。悪は悪としては存在していなかった。善悪に境界はない。茫然とするしかないのだ。
●OPENLOAD
ただのサスペンスに終わらず、アートに昇華していく才能が印象的。不安を煽る音楽や、皮肉ともなる美しい空、映像、カメラワークが本当に素晴らしい。シルエットで映し出される部分も抜かりなく美しい。ドゥニ・ヴィルヌーヴの表現力と引き込む力に飲まれた感覚は、魅了されてしまうと手放せない。冒頭の説明をしっかり覚えておくと、ラストで結局何の話だったのかが合点がいく。その映し出される全てに目を背けてはいけない。ヒントかもしれない。