AMY エイミー

歌手エイミー・ワインハウスのドキュメンタリー

映画『AMY エイミー』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『AMY エイミー』の動画リンクへ。

2011年7月23日に27歳の若さで死去したイギリスの歌手エイミー・ワインハウスに迫るドキュメンタリー。製作総指揮はデビッド・ジョセフとアダム・バーカー。06年発売のセカンドアルバム「バック・トゥ・ブラック」は全世界で1200万枚以上を売り上げ、08年の第50回グラミー賞では5部門を受賞するなど、世界で圧倒的な人気を集めた音楽パフォーマーのワインハウス。しかし、歌手として成功する一方、自由すぎるあまりに過激な発言などでプライベートも注目され、スキャンダルも多く報道された。そんな世間を賑わしたワインハウスの知られざる真実を、未公開フィルムやプライベート映像も交えて新しい一面も含めて映し出していく。

原題:Amy / 製作:イギリス・アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年7月16日 / タイム:128分 / プロダクション:Film 4 / 配給:KADOKAWA / 製作費:340万ドル / 興行収入:2200万ドル

「AMY エイミー」予告編

©2015 Universal Music Operations Limited.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『AMY エイミー』の無料動画は見れる?▼

世界的に大活躍をして名を馳せた人物にスポットをあてたドキュメンタリー作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんな知られざる事実も学べるドキュメンタリーをお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのも良いです。ネット配信はメリットも多く、大作や有名作も扱われていますが、マイナー作品も揃っているのも見逃せません。同じようなジャンル系の作品を一度に表示できるものもあるので、お好みの動画を探すのも簡単でしょう。

お金の心配はそこまで必要はないです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「AMY エイミー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、考え方が変わって登録した月の最終日でおしまいですというものも。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「エイミー・ワインハウス」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

フリムビ2は作品リスト機能も完備。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。お気に入りをズラッと並べたページを眺めるだけでもワクワクします。「AMY エイミー」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『AMY エイミー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『AMY エイミー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:アシフ・カパディア

★俳優
エイミー・ワインハウス、ミッチ・ワインハウス

★『AMY エイミー』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.8 95% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.7 ??? 3.8
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『AMY エイミー』の受賞
第88回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。

★『AMY エイミー』の反応

●Cレポーター 
遠い存在ですが、彼女を救ってやりたかった、ファンとしてもっと彼女の辛さに気付いてやれば良かった。そんなことを切なく感じた映画でした。少しでも多くの人に彼女を知ってほしいです。スキャンダラスな歌姫の凄絶な一生というのはよくある表現ですが、この人生は間違いなく最もリアルで唯一無二のものだったでしょうから。他の側面という意味では、精神疾患の一症例としても興味深かったし、さまざまな掘りがいのある作品ではないでしょうか。
●SPACEMOV  
彼女のパワフルでソウルフルな歌声に完全にやられて何度も何度も聴きました。そしてこの映画を観て、初めて彼女の人生を知って愕然。彼女の歌声が一層胸に響くようになりました。10代のホームビデオで楽しそうに歌ってるのを見られたときの幸せ、困難を乗り越えた葛藤、苦しさ、そのすべてが染みわたるようです。このバックグラウンドを知ったことで、私にとって彼女の曲はさらなる意味を持ちました。本当にこの作品に出会えてよかったです。
●Bジャーナリスト  
彼女はただ周りに利用されて、いいように振り回されて、死んでいった可哀想な女性なんかじゃない。繊細で愛情深くて好きなことに全力になれる素敵な人。このピュアで真っすぐな心がクリエイティブにつながっている。映像としてはセンスが上手い。ときに醜悪性さえも感じるパパラッチ映像もその映像が持つ意味を最大限にまで引き上げて使えば、ゴシップではなくエイミーの心情を強烈に表現する映像に変化を遂げるというテクニックには脱帽。