イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ

アートの虚実を暴くシニカル・ドキュメンタリー

決して素顔を明かさないナゾの覆面グラフィティ・アーティスト、バンクシーの初監督作。ストリート・アートについてのドキュメンタリーを制作し始めたロサンゼルス在住のフランス人映像作家ティエリー・グエッタ。ティエリーは覆面アーティスト、バンクシーの存在にたどり着き、取材を始めるが、ティエリーに映像の才能がないことに気付いたバンクシーは、逆にティエリーのドキュメンタリーを自分が監督し始める。

原題:Exit Through the Gift Shop / 製作:アメリカ・イギリス(2010年) / 日本公開日:2011年7月16日 / 上映時間:90分 / 製作会社:Paranoid Pictures / 配給:アップリンク

【無料動画】

映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』予告編

(C)2010 Paranoid Pictures Film Company All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

現実ではありえないと思っても予想外のことは実際に起きているものです。そんな知られざる裏話にスポットをあてたドキュメンタリーをお得に見るなら、動画配信サービスを使いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、今はレンタル店でDVDを借りるのは時代遅れになりつつあります。ネット配信は初心者でも簡単にスタートできるので、難しいと気兼ねすることなく、自由に試すつもりで手を出すのも良いでしょう。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

フリムビ2では「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後で見るために…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページで確認することができます。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:バンクシー
音楽:ジェフ・バーロウ、ロニ・サイズ

★【キャスト】
ティエリー・グエッタ、スペース・インベーダー、シェパード・フェアリー、バンクシー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.0/1095%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.0???/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第83回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞にノミネート。

★【感想・批評】
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画フリー 
事実は小説よりも奇なりというけれど、こんな奇想天外な実話があるだろうか。アートについてのドキュメンタリーを撮っていた男がだんだんとアートについて理解したような気になり、ついには俺がアートだ!と言わんばかりにデビューする。ところがどう考えてもそのアートはパクリ。業を煮やした最初の取材対象のアーティストが今度はドキュメンタリーを作り始める。なんだこれである。こんなうまい話があるかと思うが、あるのがアートの世界なのか。
●OPENLOAD 
この作品はアートに関わる人間なら必ず見ておいた方がいいです。絵画、文芸、音楽、そして映画、どの世界でも独自のルールの中で、クリエーターたちは自分の創作意欲のままに作品を生み出します。しかし、アートとは何か?という質問の答えは難しいもの。絶対にひとつにはできません。本作はその答えを意外な形でアートをわからない観客に示すのです。アートをここまで痛烈にシニカルに捉えられるのはバンクシーの才能あってこそなのでしょうか。
●SPACEMOV 
バンクシーを描く作品というか、中年の男、ティエリーの話ですね。こいつがまたとんだ野郎で…。後半なんてバンクシーも観客も唖然ですよ。中々日本ではネガティブな印象を持たれる壁のラクガキも、海外では芸術と捉えられています。それはまだ理解できます。しかし、ティエリー、お前はダメだ。ミスターブレインウォッシュという陳腐なネーミングでアート界へと進んでいく彼。本当にもう…。それにしてもバンクシーはどこまで狙っているのかな。