イントゥ・ザ・ストーム

イントゥ・ザ・ストーム

巨大竜巻を追いかけた先には意外な光景が…

POV(主観映像)方式も取り入れた臨場感あふれる映像で、超巨大竜巻に直面した人々の姿を描いたディザスターパニックムービー。直径3,200メートル、秒速135メートルというこれまでにない規模の巨大竜巻がシルバータウンの街に襲来する。炎に包まれた巨大竜巻が猛威を振るい、ジャンボジェット機すら飲み込む威力を前に、住民たちはシェルターに避難。一方で、竜巻を追跡する観測者ストームチェイサーや、最愛の人を守り生き残るため危機的状況を打破しようと模索する人々もいて…。

原題:Into the Storm / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2014年8月22日 / 上映時間:89分 / 製作会社:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:5000万ドル / 興行収入:1億6000万ドル

【無料動画】

映画『イントゥ・ザ・ストーム』予告編

(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

ド迫力の映像で自然の猛威を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなスペクタクル満載のスケールの大きい映画をお得に見るなら、動画配信サービスを利用してみましょう。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に動画を見て、さらに場所も選びません。外出先で視聴をするならスマホでOKですし、家でながら作業をしながら鑑賞するのも良し。テレビを使えば超大迫力で隅々まで映像をじっくり体験できて最高です。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「イントゥ・ザ・ストーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい面白さの発見につながるかもしれません。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要があります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

『イントゥ・ザ・ストーム』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:スティーブン・クォーレ
脚本:ジョン・スウェットナム
撮影:ブライアン・ピアソン
音楽:ブライアン・タイラー

★【キャスト】
リチャード・アーミテージ、サラ・ウェイン・キャリーズ、マット・ウォルシュ、アリシア・デブナム・ケアリー、アーレン・エスカーペタ、マックス・ディーコン、ネイサン・クレス、ジェレミー・サンプター、リー・ウィテカー、カイル・デイヴィス、ジョン・リープ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.8/1022%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画FUN 
監督は『ファイナル・デッドブリッジ』のスティーヴン・クォーレ監督で、人がポンポン死ぬのを描写するのが得意なのか、今作も主要人物はあっという間に死ぬときは死にます。この映画の偉大さはYouTuberを上手く活用したことでしょう。これによりPOVである意味が良い意味で理屈がつき、しかもそこまで深刻さもない。つまり気軽に観れるようになります。それでも最後には意外なくらい熱い人間模様を見せたりして、不意を突かれます。
●STREAMIN
災害大国の日本でも馴染みの薄い竜巻を描いた作品。それに災害を追いかける人がいるというのも日本では考えられない。マスコミでさえ無理はしませんから。好き好んで竜巻撮影に行く人達、巻き込まれた高校生と先生達、アホなチャレンジャー達が主な登場人物だけど最後が特にグッとくる。竜巻のシーンは圧巻の迫力がありましたが、案外、そこをメインにしていないあたりが、単純なディザスターパニック映画におさまらない感じで好きです。
●DAILYMOTION 
巨大竜巻や複数同時の竜巻、火炎竜巻など様々な竜巻が出てきて、そのどれもが脅威的でとても人が太刀打ちできるようなものではない、ある種怪獣のような描写が印象的。一方、人間側の竜巻観察車両タイタスも他の車にはない無骨さが格好良い。だからラストの巨体竜巻対タイタスは燃えたし、その先にある景色も美しく、それを見たのがどんな思いを抱いていた誰だったのかというのが素直に熱いし、見たときは彼と同じ感慨を抱いて、スカッとする。