アンダー・ザ・スキン 種の捕食

スカーレット・ヨハンソンがフルヌードを披露

映画『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』の動画リンクへ。

スカーレット・ヨハンソンが地球の男たちを誘惑する妖艶な黒髪エイリアン役を演じ、初のフルヌードにも挑んだ異色のSFスリラー。ミッシェル・フェイバーの同名小説を原作に、「記憶の棘」のイギリス人監督ジョナサン・グレイザーが緊迫感あふれるスタイリッシュな映像で描く。製作総指揮にはテッサ・ロス、レノ・アントニアデス、ウォルター・キャンベル、イアン・ハッチンソンなどが名を連ねる。スコットランドの街で、とあるセクシーな黒髪美女に誘惑された男たちが次々と姿を消していくというミステリアスな事件が起きていた。彼女の正体は、地球外生命体で、はじめのうちは無表情のまま欲望に釣られた男たちを捕食していくが、顔に障害を持つ孤独な男との出会いをきっかけに人間的な感情に目覚めていく。

原題:Under the Skin(「アンダーザスキン」) / 製作:イギリス(2013年) / 日本公開日:2014年10月4日 / タイム:108分 / プロダクション:BFI / 配給:ファインフィルムズ

映画『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』予告編

(C)Seventh Kingdom Productions Limited, Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2014


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼Netflix(1か月無料)

▼『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』の無料動画は見れる?▼

衝撃的な展開で観客の度肝を抜くサプライズ満載の映画はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのも一般的でしたが、今ではすぐに視聴するならネット配信が当然の選択手段として有力になっています。スマホ、パソコン、テレビ、タブレット、ゲーム機器と、自由に好きな媒体で鑑賞できるのも大きな魅力のひとつといえます。

失望することはありません。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは警戒すべきです。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

号泣必須な作品からハイテンションな作品までVODは感情をグラつかせます。見過ぎて眠れなくなっても知りません。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全部同一ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジョナサン・グレイザー
脚本:ウォルター・キャンベル、ジョナサン・グレイザー
撮影:ダニエル・ランディン
音楽:ミカ・レビ

★俳優
スカーレット・ヨハンソン、ポール・ブラニガン、ジェレミー・マクウィリアムス、ジョー・スズラ、クリシュトフ・ハーディック、アダム・ピアソン、マイケル・モアランド、デイヴ・アクトン、ジェシカ・マンス

★『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.3 85% ??
映画.com Yahoo! Fm
2.5 ??? 2.9
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』の反応

●Cレポーター 
バリバリのSFエイリアンものと思って観た人は、茫然と眺めるしかないのだろうな~。実際はめちゃくちゃアート系方向に舵を切ったSFスリラーであり、ハマる人はとてつもなく夢中になり、わからない人はとことん理解できない、両極端な評価になるタイプの映画ですね。あのエロティックSFスリラーの「スピーシーズ」と関係した作品のようにも思えますが、それとも違うのです。言葉には全くできないので、とりあえず気になるなら観てください。
●OPENLOAD 
スカヨハが全部を見せるヌード!というのが売りみたいになってますが、中身はそこまでその部分を強調するものではありません。むしろそういう不純な動機でこの映画を鑑賞した人ほど「なんだこれは」と言葉を失うような作品です。裸体どころか凄い状態を披露しますからね。映像も音楽がかなり独特。彼女が人間の色々な面を見るうちに、変わっていくんだけど、その感情の変化、もっといえば体の変異に注目しないと、意味不明なまま終わります。
●STREAMIN
ほとんどセリフがない。カメラは傍観者として、異邦人であるエイリアンすら突き放す。『記憶の棘』でもそうだったけれどジョナサン・グレイザーは女性の凄味を描かせると巧い。裸身を晒したヨハンソンも色気があるというのではなく、むしろそのエロスのなさ故に凄まじい虚無感を叩き出す。ロングショットの多用で物語を非現実的にしているところも監督の工夫が感じられる。脳裏に焼き付く作品になるか、無常に終わるかはあなたしだい。