屍者の帝国

屍者の帝国

ついに映像化した魂の一作

2009年に他界した夭折の作家・伊藤計劃が、3作目のオリジナル長編作として準備していたプロットをもとに、「道化師の蝶」で芥川賞を受賞した円城塔が執筆して完成させた小説「屍者の帝国」をアニメーション映画化。19世紀末、かつてヴィクター・フランケンシュタイン博士が生み出した、死体に新たな生命を与えて「屍者」として動かす技術が世界に広まり、いまや屍者は労働力や兵力として世界を支えていた。親友フライデーとの約束のため、自らの手で違法に屍者化を試みたロンドン大学の医学生ジョン・H・ワトソンは、その技術と野心を見込まれ、政府の諜報組織「ウォルシンガム機関」にスカウトされる。そこで極秘任務を与えられたワトソンは、フランケンシュタイン博士が残した、生者のように意思を持ち言葉を話す屍者=ザ・ワンを生み出す技術が記された「ヴィクターの手記」を求めて旅に出る。

原題:屍者の帝国 / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年10月2日 / 上映時間:120分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

「屍者の帝国」劇場本予告

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT×】
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

強烈な世界とキャラクターで観客の脳裏に刻まれるような映像体験を届けてくれる作品はとても見ごたえがあるものです。そんな刺激的な作品を観たいときは、人気も増している動画配信サービスがオススメです。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、このサービスであれば気軽に視聴が可能。また家にパソコンやテレビがない人でもお手持ちのAndroidやiPhoneなどスマホで鑑賞できるのでプライベートな空間で邪魔されずに楽しめます。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「屍者の帝国」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『屍者の帝国』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:牧原亮太郎
音楽:池頼広
主題歌:EGOIST

★【キャスト】
細谷佳正、村瀬歩、楠大典、三木眞一郎

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.3/5.03.56/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター  
エンドロール後の話については、おそらくワトソンもフライデーも、ワトソンのなかに手記を取り入れることで魂を取り戻すことはできたけれど、生前の記憶は虚しくも無くなってしまった、ということだと思います。それぞれ生前の記憶は無くし、屍者として新たな人生を歩みはじめた。ワトソンはフライデーを生き返らせようと足掻く悲しい医学生ではなく、シャーロック・ホームズと共に駆け巡るような、自由奔放な人生を…という具合に。
●映画FUN  
完全に忘れてしまうのは悲しいので、二人共少しでも覚えててくれたらなあ…と思います。全体的には悲しいけれど、大切な人を生き返らせようと必死になるワトソンの姿はとても感動的でした。強いて言うなら、登場するキャラ全員がとても魅力的でしたので、それぞれのキャラの過去などももっと見たかったです。他にも解析機関のデザインや動きには興奮しますし、背景画や色彩も美しかったです。このアニメは見逃せないのでぜひとも必見です。
●CRUNCHYROLL  
ワトソンがフライデーの魂を蘇らせるというのは原作にはない設定ですが、この動機のおかげで感情がぐっと入り込んで見ることができました。色々と賛否両論ありますが、私はとてもいい再構成だと思います。心情も丁寧に描写されているのに加えて、声優さんの演技も素晴らしかった!ワトソンの必死さや切実さには泣きそうになります。フライデーの屍者の演技も鳥肌が立ちました。誰かが誰かを求める姿ってこんなにも感動するものなのですね。