ノルウェイの森(2010)

ノルウェイの森

村上春樹の世界が映像になって再現されていく

「青いパパイヤの香り」「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」のトラン・アン・ユン監督が、村上春樹の世界的ベストセラー小説を映画化。37歳のワタナベトオルは、ドイツ行きの機内でビートルズの「ノルウェイの森」を聴き、18年前の青春を思い出す。当時ワタナベは、親友キズキの恋人・直子に恋をしていたが、ある日突然、キズキは自殺してしまった。キズキを失った喪失感から逃れるように東京の大学に進学したワタナベは、ある日東京で直子に再会するが…。

原題:ノルウェイの森 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年12月11日 / 上映時間:133分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画「ノルウェイの森」予告編 Norwegian Wood Trailer

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼無料動画を見る方法▼

「旧作をできるだけ安く、できれば無料で見る方法はないものか。そんなのは無理なお願いなのかな」そんな要望に応える手段はただひとつ。もちろん合法的な方法です。それは動画配信サービスの無料試用を用いる手段でしょう。しかし、それでも利用したことがない人は不安かもしれませんが、特に何の心配もなくあっけなく普通に鑑賞することができます。「ノルウェイの森」は取り扱いしているサービスも多めですので安心です。

具体的な視聴できるサービスは紹介している動画配信サービスを参照してください。各VODリンクをチェックして実際に視聴可能かどうかもお忘れなく。あなたの利用しているパソコンやスマホによってはベストな視聴体験が変わってくるかもしれませんので、これに関しては個別に体験して試すのが一番ベターだと思います。他人の意見よりも自分の体験が一番の説得力です。

『ノルウェイの森』の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:トラン・アン・ユン
脚本:トラン・アン・ユン
撮影:リー・ピンビン
音楽:ジョニー・グリーンウッド

★【キャスト】
松山ケンイチ、菊地凛子、水原希子、高良健吾、霧島れいか、初音映莉子、柄本時生、糸井重里、細野晴臣、高橋幸宏、玉山鉄二

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.7/5.02.63/5.002.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
村上春樹の世界観は独特なのは言うまでもない。日本というよりは完全な村上春樹ワールドである。その世界は映画という媒体に投影できただろうか。答えは概ねYES。完璧とは言わずとも、その努力は感じるほどの、きらめきがあったと思う。ギラギラした欲望ではなく、静のエロス、発するのは剥き出しの言葉なのだけれども、その愚直なまでのストレートさがまた、登場人物ひとりひとりの素直な人間性をも表現している。美しい映画でした。
●映画FUN  
かなり忠実に再現されていて、しかも丁寧で、実写世界を見せてもらいました。もちろん時間の都合上カットされてるシーンは山ほどあるけど、そこは原作ファンなら脳内補完できるレベル。映像美と音楽の使い方と画面上での感情描写と役者さんの完成度が高すぎる。村上春樹が小説で描く「不安定で損なわれてしまった人たちの醸す空気感」みたいなのを美しく映像化しています。それを演技という魔法で表現した役者の皆さんも素晴らしい。
●BILIBILI 
原作を知っているのと、知らないのとでは印象が大きく変わってくるでしょうが、それも原作の揺らぎゆえか。菊地凛子と水原希子が印象的で、映画の深みをぐっと味わい良くしていました。あえてそのへんは開き直り、映画独自の楽しみを見つけるのが一番のベストだと思いますが、人によってはいろいろあるでしょうから。本が語ってくれたことは、映画の映像美よりも多すぎた。自分はそれを遥かに加工してしまったので、そこは目をつぶろう。
●DAILYMOTION
低評価なのは、原作ファンの方の数多くの辛口評価が原因なのでしょうが、それはしょうがないですよね。だって、あの村上春樹ですから、揉めるのも無理ないです。宗教的なまでに神格化されていることもあるのですし、そこは上手に付き合っていきましょう。小説を読んでいないとついていけないような作りになっているのは不親切かもしれないですが、この作品を一度の鑑賞で理解すること自体が無謀というものなのかもしれません。