ルーム/Room

ルーム

アカデミー賞で主演女優賞を受賞

アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで出産し、外の世界を知らずに育った5歳の息子ジャック。部屋しか知らない息子に外の世界を教えるため、自らの奪われた人生を取り戻すため、ジョイは全てをかけて脱出するが…。

原題:Room / 製作:アイルランド・カナダ(2015年) / 日本公開日:2016年4月8日 / 上映時間:118分 / 製作会社:Telefilm Canada、Filmnation Entertainment / 配給:ギャガ/カルチュア・パブリッシャーズ / 製作費:1300万ドル / 興行収入:3600万ドル

【無料動画】

映画『ルーム』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな苦悩や葛藤を乗り越えて成長していく人間模様に焦点をあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんな心温まるヒューマンドラマを見たいときは、動画配信サービスを利用してお得に見ましょう。ネット配信のこのサービスは主に2つのタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするものでコストを最小限にできます。もうひとつは対象作品が見放題になるもので自由に好きなだけ見られるので考えずにいいということで楽です。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「ルーム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『ルーム』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:レニー・アブラハムソン(関連作品:『FRANK フランク』)
脚本:エマ・ドナヒュー
撮影:ダニー・コーエン
音楽:スティーブン・レニックス

★【キャスト】
ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョアン・アレン、ショーン・ブリジャース、ウィリアム・H・メイシー

★【インタビュー】
・ブリー・ラーソン「指導を受けながらかなり厳しい食制限をしたり、日光を浴びないようにもしました」
・ブリー・ラーソン「アイスを食べるシーンは、撮影で何テイクもかかるからジェイコブには『自分でペースを決めて食べれば』と言ったのですが、どんどん食べてしまっていた」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.2/1094%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.96/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第88回アカデミー賞で主演女優賞を受賞。
第73回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞(ドラマ)を受賞。

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
親子の監禁が題材と聞いて犯罪モノ映画だと思って見る人がいるかもですが、それは違います。完全な親子の成長を描くヒューマン・ドラマなのです。だから残酷な描写や暴力的な表現が苦手な人も何も心配いりません。そういう目に見える悲痛さはないです。逆に監禁という絶望的な環境の中で明るく前向きに生きようとする二人の生きざまに希望をもらえます。
●映画フリー 
良い映画だった。最後にあの子が母親に言う、なんてことはない言葉。それがどれだけ救いになったのか。きっとこの子の世界の中心には母がいる。それは部屋の中でも外でも同じ。母親がすべての基準であり、指標なのだ。あいさつをする子どものシーンは、まさに成長のステップアップに過ぎない。別れを繰り返しながら次に進む。母と一緒に前に行く。その先には何が待っているのか。それは今よりも少し大きな部屋だ。