ジョン・ウィック(1作目)

ジョン・ウィック

シリーズ第1弾。キアヌ・リーブスを怒らせてはいけない

キアヌ・リーブスが主演を務め、元殺し屋の壮絶な復讐劇を描いたアクション。愛する女性ヘレンとの出会いをきっかけに、裏社会から足を洗った殺し屋ジョン・ウィック。しかし、ヘレンは病に倒れて帰らぬ人となってしまい、ジョンは悲しみに暮れる。そんなジョンのもとに、ヘレンが生前に用意していたデイジーという名の一匹の子犬が届けられる。亡き妻の思いが託されたデイジーとの生活で再び心に平穏を取り戻していくジョンだったが、ある日、ジョンの所有する車を狙って家に押し入ったロシアンマフィアが、デイジーを殺してしまう。生きる希望だったデイジーを奪われたジョンは、かつてその名をとどろかせた裏社会に舞い戻り、ロシアンマフィアの組織を相手に単身戦いを挑む。

原題:John Wick(「ジョンウィック1」) / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2015年10月16日 / 上映時間:103分 / 製作会社:Thunder Road Pictures / 配給:ポニーキャニオン / 次作:『ジョン・ウィック チャプター2

【無料動画】

キアヌ・リーヴス復活!『ジョン・ウィック』本予告編

(C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (c) David Lee


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

人気俳優の主演作ともなれば注目を集めやすいものです。そんな手に汗握るようなアクション映画を満喫するなら、動画配信サービスを使いましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、その数字からもわかるように非常に一般に普及しました。まだ使ったことがないという初心者でも安心してください。敷居は低いので、登録すればすぐに使いこなせます。映画をどんどん鑑賞してテンションをあげてください。

「お金がかかるよね…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ジョン・ウィック」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい面白さの発見につながるかもしれません。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

『ジョン・ウィック』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:チャド・スタエルスキ
脚本:デレク・コルスタッド
撮影:ジョナサン・セラ
音楽:タイラー・ベイツ、ジョエル・J・リチャード

★【キャスト】
キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクビスト、アルフィー・アレン、ウィレム・デフォー、ブリジット・モイナハン、ディーン・ウィンタース、イアン・マクシェーン、ジョン・レグイザモ、デヴィッド・パトリック・ケリー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.3/1087%68
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.60/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画FUN  
主人公補正という言葉があるがそれを逆手に取ってひたすら「コイツ、ヤバい、強い!」のノリで突き進んでいくアクション。その斬新さはそれだけでなく、常に近接ガンアクションでヘッドショットを決めていくスタイルと、殺し屋業界という存在が確かにある世界観設定がまた面白く、意外な深みをもたらしてくれる。煽りに煽るヴィゴにも動じずに目的を果たそうとするキラーマシーンっぷりが、まさに敵キャラと同じく笑うしかない状況に。
●VUDU  
亡き妻がプレゼントしてくれた愛犬を殺された。これ以上の復讐の理由があるだろうか。キアヌ・リーブスを楽しめるか楽しめないかで評価が変わるでしょうが、それを差し置いても、この作品の圧倒的なマニアの需要に応えるサービス精神が素晴らしいのです。はい、こういうのを見たかったのでしょう?というニーズにダイレクトにお答えするプロっぷり。これが「ジョンウィック」の魅力。他にアクション映画にはない世界観の広がりも見事。