ロボコップ(2014)

ロボコップ

大ヒットSFアクション「ロボコップ」を最新映像でリメイク

瀕死の重傷を負った警察官が全身を機械化したロボコップとなって活躍する姿を描いたポール・バーホーベン監督による大ヒットSFアクション「ロボコップ」(1987)を、新たに映画化。2028年、巨大企業オムニコープ社がロボット技術を一手ににぎる世界。米デトロイトで愛する家族と暮らす勤勉な警察官アレックス・マーフィーは、勤務中に重傷を負い、オムニコープ社の技術によりロボコップとして新たな命を得る。驚異的な力を身に付けたアレックスだったが、そのことから思わぬ事態に直面することとなる。

原題:RoboCop / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2014年3月14日 / 上映時間:117分 / 製作会社:Strike Entertainment / 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / 製作費:1億ドル / 興行収入:2億4200万ドル

【無料動画】

2014/3/14公開『ロボコップ』予告編

(C)2013 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. and Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

かつての名作を現代版にリメイクした映画は独特の楽しみ方を持つので面白いです。そんなエネルギッシュな映画をフル動画でお得に見るなら、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも便利ですが使い勝手が違うので、事前にしっかり下調べしておくととくに悩むことなく楽しめます。

「登録しても利用料が…」と考える人もいるでしょう。でも、リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「ロボコップ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『ロボコップ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョゼ・パジーリャ
脚本:ジョッシュ・ゼッツマー、ニック・シェンク
撮影:ルラ・カルバーリョ
音楽:ペドロ・ブロンフマン

★【キャスト】
ジョエル・キナマン、ゲイリー・オールドマン、マイケル・キートン、アビー・コーニッシュ、ジャッキー・アール・ヘイリー、マイケル・K・ウィリアムズ、サミュエル・L・ジャクソン、ジェニファー・イーリー、ジェイ・バルチェル、エイミー・ガルシア、ジョン・ポール・ラッタン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.2/1049%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.2/5.0???/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
オリジナルはあまりにも小さい頃に観たからストーリーの記憶は無いので、新鮮な気持ちで今作を鑑賞。それは正解でした。黒いボディがとってもスタイリッシュかつセクシーで、バイクに乗る姿もとてもクールでカッコ良かった。マシンでは制御できない人間の「愛」「心」の力を全編通して表現している感じがしました。ラストはオリジナル版への敬意を示していたようで気が利いてます。キャストが思いのほか豪華だし、クオリティはじゅうぶん。
●SPACEMOV 
今作はきちんと記憶を持ったままロボコップ化した。この変の改変の狙いはわからないが、もしかしたらその方が感情移入しやすいと判断したのかもしれない。オリジナル版よりも人間ドラマ的な要素が強めで、イマドキの葛藤する主人公要素を増やしたのかな。映像面はさすがの質。過去作から続けてみるとCGの進化すごいなぁと。一気にクライマックスまで悪人を逮捕して、ED-209との対決。とても興奮するクライマックスで気持ちよかったです。
●DAILYMOTION 
「ロボコップ」が公開されたのは1987年。まだアメリカが「世界の警察」として地球上に君臨していた頃の話。アメリカはソ連との冷戦真っ只中で、戦争という言葉が「遠からず」だった時代。しかし、今はアメリカの現状は戦争に関わりすぎているくらいだ。そして、テロの時代になって、敵も国ではなくなった。そういう新時代の価値観でロボコップをどう定義して、進化させるのか。本作はそのひとつの答えとして受け止めてもいいと思う。