珍遊記(2016)

絶対に観ろ。バカヤロー!

映画『珍遊記』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『珍遊記』の動画リンクへ。

漫☆画太郎の「珍遊記 太郎とゆかいな仲間たち」を、松山ケンイチ主演で実写映画化。原作は「西遊記」をモチーフにしたギャグ漫画で、1990年から92年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載された。照明は市川徳充、録音は西條博介、美術は福田宣。天竺を目指して旅を続けていた玄奘(げんじょう)は、自分の行く道が人生そのもの。偶然立ち寄った家の老人から、天下の不良少年・山田太郎を更生させて欲しいと頼まれる。やるしかないのかもしれないが、気は乗らない。宝珠の力で太郎の恐るべき妖力を封印した玄奘は、嫌々ながらも太郎を引き取り、ともにあてもない旅をすることになるが…。

原題:珍遊記 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年2月27日 / タイム:100分 / プロダクション:DLE / 配給:東映

映画『珍遊記』予告編

(C)漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV
LINK9【Gyao】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼U-NEXT(31日間無料)
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼auビデオパス(30日間無料)
▼dTV(31日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Gyao(登録必要なし)

▼『珍遊記』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

退屈な日常を吹き飛ばすコミカルな作品はそれだけの魅力がたっぷりです。そんな大笑いできる映画をお得に見るなら、動画配信サービスを上手く用いましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2種類。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、少数の映画でいいならこれがぴったり。もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもので、多くの映画を観るならこれ以上のお得さはありません。どちらも有用性があるので要チェックです。

しかも、スタートはラクチン。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

違法サイトは使ってはいけません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全部同一ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「珍遊記」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

子ども使い分けもOK。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「珍遊記」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。そこまで難しくもないです。

『珍遊記』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『珍遊記』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:山口雄大(関連作品:『アブダクティ』、『デッドボール』)
脚本:おおかわら、松原秀
撮影:福本淳
音楽:森野宣彦

★俳優
松山ケンイチ、倉科カナ、溝端淳平、田山涼成、笹野高史、温水洋一、ピエール瀧、板尾創路

★コメント
・松山ケンイチ「画太郎さんは唯一無二の存在で、僕にとっての栄養剤です」
・松山ケンイチ「撮影の前から腹筋を緩めて、おなかを突き出すようにしていました。あとは太郎は毛がないイメージと言われたので、全身の毛を剃りました」

★『珍遊記』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? 2.73 2.4
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『珍遊記』の反応

●Mコメンテーター 
小学生が喜びそうなレベルの下ネタですが、出演者がみんな振り切れた演技を全力で披露しているので、忘年会の宴会芸みたいな感覚で楽しむのが吉。松山ケンイチはもちろん、倉科カナがアホすぎて愛らしいくらいなので、見ていてこちらも幸せになる。こんなアホな映画をちゃんとキャリアのある大人達が大真面目に作ったことで、この業界もまだまだ捨てたものじゃないと思わせる意味では、きっとこの映画を作った価値があったはず。はずだ。
●Sアナリスト 
最も実写化が難しいであろうギャグマンガの映画化。ほとんどコントです。くだらないギャグの連続。そこに意味を探すのも不可能なくらいの無駄そのもの。でも、そういう作品だからしょうがない。むしろこの作品はスベッてこそ成功といえるぐらいだろう。でも、世の中にはこれよりはるかに大作でしっかりドラマをしている原作の実写化でもなぜか学芸会状態になって大失敗している映画もあるので、この作品はまだマシという悲しい現実も…。
●PARAVI
タイトルまでがクライマックス、さらに言うとじじいばばあがピーク、さらに言うとばばあ役の笹野高史がフィナーレ。あえてポイントを示すのもバカらしいが、それでも言うしかないのがこのクオリティ。漫画が実写化される度に成功か失敗かというお決まりの話になるし、大抵は失敗だと卑下されるけど、これに関してはそもそも漫画を嫌いな人が多いだろうから、嫌いな人は今作も嫌いだろうし、好きな人はこれも好きじゃないとおかしいと思う。