アイアンマン3

アイアンマン3

全てを失っても這い上がるシリーズ3作目

ロバート・ダウニー・Jr.主演の人気アクションシリーズ第3作。シリーズ前2作と、全世界で記録的な大ヒットとなった「アベンジャーズ」の後に続く物語が描かれる。人類滅亡の危機を救ったアベンジャーズの戦いから1年、トニー・スタークはアイアンマンスーツのさらなる開発に没頭していたが、合衆国政府は国家の命運をヒーローという個人の力にゆだねることを危惧していた。そんな時、謎のテロリスト、マンダリンが動き出し、その壮絶な攻撃の前にトニーは全てを失ってしまう。

原題:Iron Man 3 / 製作:アメリカ(2013年) / 日本公開日:2013年4月26日 / 上映時間:131分 / 製作会社:Marvel Studios / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:2億ドル / 興行収入:12億ドル / 前作:『アイアンマン2

★【スタッフ】
監督:シェーン・ブラック
脚本:ドリュー・ピアース、シェーン・ブラック
撮影:ジョン・トール
音楽:ブライアン・タイラー

★【キャスト】
ロバート・ダウニー・Jr.、グウィネス・パルトロウ、ドン・チードル、ガイ・ピアース、レベッカ・ホール、ステファニー・ショスタク

【無料動画】

映画『アイアンマン3』予告編映像

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

【airw×】
U-NEXT
Hulu
TSUTAYATV
Videomarket
dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼作品をより深く知る▼

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

無料ホームシアター(2016年1月3日) 
マーベル映画第7作目で、フェーズ2の最初の作品。でも他のユニバース作品とつながりがあるのかはよくわからない。ともあれ、今作はいよいよトニー・スタークが大人になるときがきた。遅すぎる気もするが、この金持ちの子どもは散々遊びまくってきたからやっと。自らのおもちゃであり、自己満足の結晶であるアイアンマン・スーツをこれでもかと派手に自爆させて、過去と決別する。この瞬間、彼は本当の世界を守るヒーローになったのだ。
映画FUN (2016年3月13日) 
シリーズ最多のアイアンマンスーツが出てきます。装着や使用方法も多様で、見ていて飽きない戦闘シーンばかり。しかし、そんな豪快さとは裏腹に、プロットは実はシンプル。スーツ無きトニーが本物のアイアンマンになるお話です。1作目はヒーローの存在を世間に公表するという役割を担った彼が、2作目では世界の危機を救う大役を果たし、3作目にして一番身近な愛する女性を守ることで終わる。こんな綺麗な流れがあるでしょうか。
STREAMIN (2016年6月13日) 
『アベンジャーズ』を先に見た方がいいです。主人公の葛藤の理由がわからなくなるので。ペッパーへの不器用な愛も感じられて好き。「私の自宅やスーツを奪えても、これだけは奪えない。私はアイアンマン。」って最後のセリフ、1と同じ終わり方なのも良い。目に見える形ではなくなっても、精神の強さはずっとアイアンマンで、これからも別の形で平和を守るのかな…と思ったら以降の作品でも普通にアイアンマンになっているという謎。
マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする