最愛の子

最愛の子

私にあの子を返してください

「ラヴソング」「ウォーロード 男たちの誓い」のピーター・チャン監督による、実話を元にしたヒューマンミステリー。中国の街中で3歳の息子が突然姿を消した。両親は警察の協力など、さまざまな手段を使って必死に息子を探すが、その消息はまったくつかむことができなかった。罪悪感と後悔の念にさいなまれながらも、かすかな希望を胸に息子を探し続けた両親は、中国のある村で暮らす息子を見つけ出す。しかし、あの日から3年の時間が流れ、6歳に成長した息子は実親のことを覚えておらず、育ての親との別れを嘆き悲しむばかり。両親はわが子の愛を取り戻すそうとうするが…。

原題:親愛的 Dearest / 製作:中国・香港(2014年) / 日本公開日:2016年1月16日 / 上映時間:130分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『最愛の子』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

人間社会の闇とそこで懸命に生きる者たちの葛藤を克明に描いた作品はとても見ごたえがあります。そんなドラマチックなヒューマンドラマを見たいのならば、動画配信サービスを活用してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、このサービスであればメリットもたくさんです。例えば、わざわざ店に行かなくても見たい作品をすぐに視聴開始できます。もちろん、お手持ちのAndroidやiPhoneなどのスマホで普通に見れるので問題なしです。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「最愛の子」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『最愛の子』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ピーター・チャン
音楽:レオン・コー

★【キャスト】
ビッキー・チャオ、ホアン・ボー、トン・ダーウェイ、ハオ・レイ、チャン・イー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
実に中国らしい映画だった。1976年に始まり36年間続いたという「一人っ子政策」は日本人も聞いたことはあるはず。人口抑制といういかにも社会主義的発想。当然に歪みが起きる。2人目以降に科せられる高額な罰金を支払えず、捨てられたり、隠れて育てられた戸籍のない人が、統計上では約1300万人もいるという衝撃。実際はその10倍なんていう試算も。そんな政策による矛盾や不条理に翻弄される人々の姿を克明に描いた名作である。
●映画フリー
一人っ子政策という国策の闇をここまで鮮明に表出した作品もない。子どもに優劣をつけるどころか、値段までつけてしまう。その行き着いた先にある地獄をみれば、この政策が国民の幸せにつながっていないのは言うまでもない。日本は子どもを増やそうとしている。でもそれはあくまで子どもの幸福が大前提にあるべきだ。まして労働力のためとか税収のためとかそんな邪念は論外。そういうことを強く実感させる痛い作品だった。
●BILIBILI
ストレートな映画のタイトルに引けをとらない強烈なドラマに打ち震えた。130分とやや長めではありますが、場面転換とメインとなる人物の切り替えのタイミングが上手く、演出の巧みさもあって、ひとつのテーマに絞っているので、わかりやすいのが魅力。エンディングも予想外なのに何ともやり切れない気持ちがじんわり残るので気持ちが落ちているときはオススメしづらい。なるべく心の余裕があるときに観た方がいいと忠告しておこう。
●DAILYMOTION
中国の誘拐事情ってこんなことになっているのか。遠い国のようで近い国。でもこれはかなりびっくりした。安易に可哀想ですねなんて言えないし、言葉に詰まる。ある夫婦が新しい子どもを産むためには前の子どもの死亡証明書を提出しなければならないシーンがあり、そんなことする自体が恐怖すら感じる。さすがにもういろいろな事情が変わっているのだろうけど、こうした人身売買は昔の日本もあったわけだし、やっぱりバカにはできない。