あん(2015)

あん

樹木希林の演技が絶賛された名作

「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を主演に迎え、ドリアン助川の同名小説の映画化。あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。ある日、店で働くことを懇願する老女、徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が遠のいてしまい、千太郎は徳江を辞めさせなければならなくなる。おとなしく店を去った徳江だったが、彼女のことが気にかかる千太郎は、徳江と心を通わせていた近所の女子中学生ワカナとともに、徳江の足跡をたどる。

原題:あん / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年5月30日 / 上映時間:113分 / 製作会社:組画、COMME DES CINEMAS / 配給:エレファントハウス

【無料動画】

映画『あん』予告編

(C)2015映画「あん」製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら懸命に生きる人たちにスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのも手です。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるのとは違った利点があります。例えば、出演俳優の関連作を調べて自由に鑑賞することもでき、連続して視聴すればその俳優の魅力にどんどん引き込まれること間違いなしです。試す価値はあります。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるキャンペーンがあるので心配無用です。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「あん」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要があります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。場合によってはAdobe Reader SilverlightなどのプラグインやJavaScript Cookieが有効でなければいけないこともあります。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

『あん』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:河瀬直美
脚本:河瀬直美
撮影:穐山茂樹

★【キャスト】
樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
4.0/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第7回TAMA映画賞で最優秀男優賞と最優秀女優賞を受賞。第40回報知映画賞で主演女優賞を受賞。

★【感想・批評】

●映画フリー 
「あんを炊いているときの私は、いつも小豆の言葉に耳を澄ませていました。それは、小豆が見てきた雨の日や晴れの日を想像することです。どんな風に吹かれて小豆がここまでやってきたのか、旅の話を聞いてあげること。そう、聞くんです。」この言葉が耳を離れない。まさに語り掛けるような映画だった。そして、いつのまにか人生を後押しされていた。心の底から感動できるとはこういう映画のことをいうのだろうか。不思議な満足感に満たされた。
●STREAMIN 
心揺さぶられる演技という褒め言葉を安易に使いたくないのに、この作品に関しては使わざるを得ない。いい演技で、いい脚本で、何よりもいい映画だった。監督がどうこうというべきなのかもしれないけれど、それを超えて、いい映画だった。序盤の樹木希林の「このお店で働けるのね」と涙をするシーン。この時点でその理由は不明なのだが、でもすでに何かただごとならぬものがあることを感じさせる。こんなにも俳優って凄いと思ったのは初だ。
●BILIBILI  
あらすじや前評判を調べずに観た本作ですが、とても感動しました。これはネタバレなしで観るのがベストですね。生きていくことをどう捉えるか、この映画から教えてもらいました。普段なら繋がらない3人の交流が素晴らしかった。ひとつひとつの会話やコミュニケーションの取り方がものすごく自然で素朴。全部アドリブなんじゃないかってぐらいの自然体。生きるために、この世界に生まれたとするならば、生きる意味は必ず見つけ出せますね。