アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン

アベンジャーズに待ち受ける未知の危機

「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティ・ソー」などマーベルコミック原作の人気作品から各ヒーローが集結し、世界的大ヒットを記録した『アベンジャーズ』(2012)の続編。アイアンマンとして何度も人類の危機を救い、だからこそアベンジャーズの限界を誰よりも強く知るトニー・スタークは、自分たちの手に負えない敵の襲来に備え、禁断の平和維持システムである人工知能「ウルトロン」を起動させる。しかし、ウルトロンは「究極の平和」を実現するため、平和を脅かす唯一の存在である人類の抹消を選択する。再び訪れた人類滅亡の危機に、アベンジャーズは人知を超えたウルトロンを相手に戦うことになるが…。

原題:Avengers: Age of Ultron(「アベンジャーズ2」) / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2015年7月4日 / 上映時間:141分 / 製作会社:Marvel Studios / 配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ / 製作費:3億1600万ドル / 興行収入:14億ドル / 前作:『アベンジャーズ』 / 次作:『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー

【無料動画】

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』予告編

(C)Marvel 2015


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

世界的にとてつもない人気を誇るような映画シリーズはそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっている証明です。そんなエネルギッシュな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを使いましょう。ネット配信は画質が良くないなんていう心配はもう時代遅れです。今では4Kレベルのハイクオリティな映像をテレビで鑑賞できるシステムもあるので、DVDと遜色のない体験ができます。他のシリーズ作品を追いかけるのも簡単なのでオススメです。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

海外の映画をウォッチする際に重要な点として「字幕」と「吹き替え」の問題があります。DVDやブレーレイであればどちらも用意されていることが多いですが、VODでも整備されているものがあります。その形態はサービスによって異なるのですが、片方だけのものもあれば、両方から選択できる場合も。中には英語字幕をチョイスできたりもするので、語学学習に使う人もいます。映画によって字幕と吹替それぞれの魅力があるので、その点でもマッチするものを考慮してみるのもいいでしょう。

動画再生の安定度は気になる部分ですが、それはサービス側の問題というよりは、ユーザーの通信環境の影響も大きいです。動画がカクカクと止まる、不安定で遅いと思ったときは、ネット環境を見直しましょう。無線LANを利用している人は視聴端末をルーターに近づけるか、無線LANの電波を強化するようなシステム(中継機の活用がベスト)を用意するのが良いです。別の特定の無線チャンネルの通信が不安定になっている可能性もありうるので、無線チャンネルを変更するのも効果的な手です。

『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョス・ウェドン
脚本:ジョス・ウェドン
撮影:ベン・デイビス
音楽:ブライアン・タイラー、ダニー・エルフマン

★【キャスト】
ロバート・ダウニー・Jr.、クリス・ヘムズワース、マーク・ラファロ、クリス・エバンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナー、ドン・チードル、アーロン・テイラー=ジョンソン、エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.4/1075%66
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.79/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター
アイアンマンは一回全員からボコボコにされるべきだと思う。それくらいの迷惑千万なことをしでかしている。一応、ハルクの暴走を止めたから、それで帳消しになっているのかもしれないけど。それにしたって各ヒーローの能力差がハッキリしてきました。今作で加わるメンバーの強さも尋常ではないし、相変わらずソーはパワフルだし。一方でホークアイのポジションがイマイチわからないのですが、どうなっていくのかそこだけが非常に気になります。
●SPACEMOV 
スカーレットウィッチとクイックシルバーが登場して能力バトルに拍車がかかってきました。前作「アベンジャーズ」から成長したヒーローたちが再び集結し、さらなる強大な敵に挑むわけですが、それぞれが別問題を抱え、新たな関係性を生んでいるのが、結構シナリオの上手さです。ウルトロンの終盤の噛ませ犬感はどうにかならなかったのかと思いますが、今後の作品を見ると実際そういう立ち位置なので、否定のしようがないことですかね。
●DAILYMOTION 
久しぶりのこの映画を見ると、ブラックパンサーのヴィブラニウムの伏線などが入っていて、意外な小ネタに気づく部分も多いです。第2弾ともなるとインフレ感が凄まじく、迷惑極まりない大暴れを見せるのですけども、それが「シビルウォー」につながるので、これまた見事なストーリーの仕掛け。マーベルシネマティックユニバースの完成度の高さはやはりこの総合力にあるのだろう。あらためて見ると楽しさ倍増になる映画なんてそうそうない。
マーベル

★【マーベル・シネマティック・ユニバース 作品を総復習!】
フェイズ1
・『アイアンマン』(2008年)
・『インクレディブル・ハルク』(2008年)
・『アイアンマン2』(2010年)
・『マイティ・ソー』(2011年)
・『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)
・『アベンジャーズ』(2012年)
フェイズ2
・『アイアンマン3』(2013年)
・『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)
・『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年)
・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)
・『アントマン』(2015年)
フェイズ3
・『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』(2016年)
・『ドクター・ストレンジ』(2016年)
・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』(2017年)
・『スパイダーマン ホームカミング』(2017年)
・『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)
・『ブラックパンサー』(2018年)
・『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』(2018年)
・『アントマン&ワスプ』(2018年)

サイトについて

シェアする

フォローする