MAD探偵 7人の容疑者

MAD探偵 7人の容疑者

謎が謎を呼ぶ異常性

マフィア、警察といった組織に属する男達の非情な戦いをスタイリッシュな映像とともに描いたクライム・サスペンス。張り込み中の刑事が失踪。彼の所持していた拳銃により、連続強盗事件が発生する。暗礁に乗り上げた事件の解明に、特別重犯罪捜査班のホー刑事は、元刑事バンへ協力を要請する。被害者と同じ状況に身を置くことで、様々な事件を解決させてきた半面、数々の奇行が原因で、すでに刑事の職を失っていたバン。二人は、行方不明になった刑事の同僚コウ刑事の身辺を調べ始める。表向きの表情とは異なる裏の人格、思考を見通すバンは、コウ刑事の恐るべき異常性にすぐさま気づくのだった…。

原題:MAD DETECTIVE / 製作:香港(2007年) / 日本公開日:2011年2月19日 / 上映時間:89分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『MAD探偵 7人の容疑者』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

日常からかけ離れた世界で権力や利益をめぐって戦う人間模様を描いたサスペンスは見ていてハラハラさせてくれます。そんな映画を観たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用してお得に見ましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、ネット配信であればすぐに見たいときに見れるのでストレスはなし。配信されているかは作品によりますが、とりあえず真っ先に確認するのが一番のお得につながります。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「MAD探偵 7人の容疑者」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『MAD探偵 7人の容疑者』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョニー・トー、ワイ・カーファイ
脚本:オー・キンイー、ワイ・カーファイ
撮影:チェン・チュウキョン、トー・フンモ
音楽:ザヴィエル・ジャモー、フレッド・アヴリル

★【キャスト】
ラウ・チンワン、ラム・カートン、ケリー・リン、アンディ・オン、チョン・シウファイ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
多重人格の視覚化といい、実像と人格顕現の混乱といい、最後の場面でガラスに映る幾つもの象徴的な影といい、映画でしかできない表現とはこのことです。文学や映画、下手をしたら絵画やゲームでも置き換え可能な映画が多い中で、極限の映画を見せてもらいました。物語的には、別れた奥さんが探偵の元に残していった、そして今は切り捨ててしまった、探偵を愛する人格が哀れです。その奥さんの人格を愛して現実の奥さんのように接する探偵が哀れ。
●映画FUN  
奥さんの人格に対する態度で、探偵に対する刑事やお店の人の気持ちを表し、状況説明までしてしまう鮮やかさ。ラストは探偵が特殊能力を持つ苦しみと孤独から解放されたのだと信じたいです。人間は、自分に理解出来ないことを異常扱いする愚かな存在なのだ。自分は悪事など働かないと思っているあなたも私も、それを貫けるかどうかは分からない。人間性を鋭く抉る傑作と言える。インパクトのある映画ではないが、魅惑的ではある。
●BILIBILI 
ジョニー・トー監督作品の割にはわかりやすかったです。探偵役の元刑事の設定が面白い。そしてその映像表現も面白い。裏の人格が別々の人間によって演じられ、何人も一緒にぞろぞろ行動するという画面には、皮肉なユーモアが感じられる。元刑事は狂ってなどいない。ただ常人が見えないものが見えるだけだ。だから物事に対する反応が常人とは異なっても当然なのだが、それを理解出来ない常人は彼を異常と判断する。