ボクの妻と結婚してください。

ボクの妻と結婚してください。

余命わずか、最後の仕事は妻の結婚相手を見つけること

織田裕二の4年ぶりとなる映画主演作で、2014年に舞台化、15年にドラマ化もされた放送作家の樋口卓治による同名小説を映画化。数多くのレギュラーを抱え、忙しい毎日を送るバラエティ番組の放送作家・三村修治は、体に異変を感じて検査を受けるが、その結果は余命わずか6カ月の末期のすい臓がんという信じがたいものだった。放送作家として、世の中のさまざまなこと「楽しい」に変えて来た修治は、自分がいなくなったあとも、妻が前を向いて生きていけるようにと、ある企画を思いつく。それは、自分が死んだ後の妻の新たな結婚相手を探すことだった。

原題:ボクの妻と結婚してください。 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月5日 / 上映時間:114分 / 製作会社:東宝映画 / 配給:東宝

【無料動画】

「ボクの妻と結婚してください。」特報2

(C)2016「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えながら懸命に生きる人間にスポットをあてた作品はそれだけで感動があります。そんなドラマチックな映画をお得に観るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという記録もあり、今ではレンタル店でDVDを借りるよりも身近になり、ポピュラーになりました。初心者でも簡単に使えるような敷居の低さなので試す価値ありです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「ボクの妻と結婚してください。」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『ボクの妻と結婚してください。』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:三宅喜重(関連作品:『レインツリーの国』)
製作:横澤良雄、市川南
脚本:金子ありさ(関連作品:『高台家の人々』)
撮影:清久素延
音楽:菅野祐悟

★【キャスト(キャラクター)】
織田裕二(三村修治)、吉田羊(三村彩子)、原田泰造(伊東正蔵)、高島礼子(知多かおり)、込江海翔、森カンナ、眞島秀和、佐藤ありさ、前川泰之、大塚千弘、小堺一機、大杉漣

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.27/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN  
織田裕二ファンの私も大満足です。映画を見に行って良かったです。この付近であれば一番泣いた映画だった。絶対に日常ではありえなくはない身近な人との別れ。いろんな人に重ねながら見ていくことで、一つ一つの言葉に心が揺すぶられた。結構サクセスストーリー過ぎる部分もあって、さくさく進み、あまりに順調なので、おかしい部分はあるのですけど、そこが映画だし。これが連続ドラマだったら、じっくり描けたのでしょうが。
●BILIBILI  
半分くらいからラストにかけて、涙が止まらなくなりました。こんな夫婦になりたいなぁと強く思いました。奇をてらった変化球な話と思いきや、奇策も使わずに内角を直球でえぐってくる。中盤以降は鼻水垂らしてボロ泣き。夫婦ものはベタに感動を煽ってくるものが多いですが、本作も終盤辺りは、これはファンタジーかなというくらい非現実的なワールドが展開されますが、それでも観客をそこにグイグイ引きずり込むパワーは凄いです。
●VIDEOEYNY 
どこかで見たことがある組み合わせ。最近は落ち着いてすっかり老夫婦かという安定感があります。自分が長くないと知った時どう行動するかという悩み。思い出作りが一般的で自分も多分そうしようとするのだろうと思うが、未来を作るために自分らしい変な選択をする織田裕二。やっばり突拍子なさすぎて最後着地できるのかと思ったが、綺麗なラスト。残念なのは病気のわりには全然衰弱していく描写がないことくらいでしょうか。