アダン(2005)

アダン

生きることは、描くこと

若くして天才と呼ばれながら独学で画業に励み、晩年は奄美大島に渡った孤高の画家・田中一村の半生を描いた伝記ドラマ。昭和22年。その日の米にもこと欠くような日々の中、39歳の田中一村は一心不乱に絵に打ち込んでいた。3歳年上の姉・喜美子は、弟の才能を信じて苦しい生活を支え続ける。一村は、初めて公募展に出品した『白い花』の入選に続き、第十五回北斗展に自信作『秋晴れ』を出品するが、落選してしまう。

原題:アダン / 製作:日本(2005年) / 日本公開日:2006年5月20日 / 上映時間:139分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

時代の中で自分の人生を貫いた逞しい生き様をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、店に足を運ぶ前に、ウェブサイトにアクセスしてタイトルを検索するだけで、もしかしたら配信によって気軽に視聴できるかもしれません。無駄な労力をかける前に、ほんの少しのチェックを試しましょう。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるキャンペーンがあるので心配無用です。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アダン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『アダン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:五十嵐匠
脚本:松山善三
音楽:安川午朗

★【キャスト】
榎木孝明、木村文乃、村田雄浩、不破万作、笹野高史、犬塚弘

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
画壇から認められず、苛酷で、孤高の生涯を送った画家の晩年を描いて、見事な秀作。しみじみと味わい深く、よかったです。芸術を愛する人々、芸術を志している方々に、ぜひ御覧いただきたいです。優秀な監督が、主人公に、あえて、渋い芸術家を選んでくれたことに感謝してしまいます。最初から、興行収入など見込めないまさに芸術一筋の仕事です。主人公の一村に、画家でもある榎木孝明を据えたのが、とてもよかったです。魅入られました。
●映画の無料動画で夢心地 
絵筆をとる姿が、実にサマになっていて、迫力を感じました。これ自体は絶対に、いや、そんなことを書くと失礼ですけど、あまり人は手の取らない作品なんじゃないかと思うわけです。堅苦しい雰囲気がありますし、どう考えても強烈な「なんかあるか」的な寄せ付けないオーラもあります。でも、作品自体は思っている以上に普通に見られると思うので、気にしないでください。生きるということに実直に向き合った魂の映画として記憶に残ります。
●BILIBILI  
タイトルの『アダン』は、南国の植物で、田中一村の代表作にも、『アダンの木』がありますが、これではどのような映画かわかりませんので、とにかく内容を知ってもらうために、『田中一村~孤高の天才画家の肖像~』あたりにすべきでは…と想いましたが、作品自体は画家の芸術に対する執念がひしひしと、痛いまでに伝わってきました。若い頃より、一村の才能を信じて、生活にも窮する弟を陰で支え続けた姉の存在。凄すぎたなと思うばかり。
●DAILYMOTION 
姉がいいです。この田中喜美子を演じた古手川裕子のけなげな表情、演技もよかったです。一村を支え続ける姉、才能を認める親友、一村の執念とも言える画壇に対する恨みを解いた奄美の人々の暖かさ。とてもいい映画だと思います。榎木孝明の演技はパワフルを超えたエネルギーの源流のようなものだったので、それだけでも「うわー」となるインパクト。生きることは死ぬことであり、作ることであり、壊すことであり、そんなことが巡回している。
●VIDEOEYNY
アダンとは何か。それもわからずに鑑賞。「神童」と呼ばれた男。まずここで一般人は敵わない。そんな風に呼ばれる人間がどれだけいるというのか。たいていはめんどくさいバカな子どもに過ぎないというのに。奄美大島に渡り、大島紬の染色工で生計を立て絵を描き始めるのが人生の最終ステージだった。しかし、評価はされない。そして、死語、この映画が作られる。それだけでなにか切ないし、苦しい気持ちになる。せめて鑑賞するしかできない。