ゲロッパ!(2003)

いますぐジェームス・ブラウンをさらってこい!

ソウル・ミュージックの帝王“ジェイムズ・ブラウン”誘拐計画や、生き別れた娘との再会など、収監を目前に控えたヤクザの組長をめぐって繰り広げられる騒動を描いた人情ユーモア満載笑劇。収監を目前に、組を解散し引退を決意した羽原組組長・羽原大介には、やり残したことがふたつあった。ひとつは、25年前に生き別れた娘・かおりとの再会。もうひとつは、大好きなジェイムズ・ブラウンの名古屋公演に行くこと。そして、そんな羽原の為に弟分の金山組組長・金山は、子分たちにJBの誘拐を命令する。

原題:ゲロッパ! / 製作:日本(2003年) / 日本公開日:2003年8月16日 / タイム:112分 / プロダクション: / 配給:シネカノン

ゲロッパ!(プレビュー)

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV
LINK9【Gyao】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼auビデオパス(30日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『ゲロッパ!』の無料動画は見れる?▼

退屈な日常を吹き飛ばすようなエンターテインメントを楽しむなら映画が一番。そんな愉快で爽快な作品を観るなら、動画配信サービスがオススメです。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、今ではレンタル店でDVDを借りるよりも身近になり、利用者の増加も今後も期待されます。家にパソコンやテレビがない人でも安心で、スマホで好きなタイミングで視聴できるので、自由にメディアを使い分けていきましょう。

失望することはありません。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ゲロッパ!」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『ゲロッパ!』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ゲロッパ!』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:井筒和幸
脚本:羽原大介、井筒和幸
撮影:山本英夫
音楽:馨紀子

★俳優
西田敏行、常盤貴子、山本太郎、岸部一徳、桐谷健太、吉田康平、長塚圭史、太田琴音、ラサール石井、木下ほうか、田中哲司、塩見三省、根岸季衣、篠井英介、寺島しのぶ

★『ゲロッパ!』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.1
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『ゲロッパ!』の反応

●映画の無料動画で夢心地 
ヤクザが捕まりそうだから最後にやり残したことをいろいろやって25年会ってない娘に会う話です。井筒監督がソウル・ミュージック好きなのかはわかりませんが、音楽ものとしても愉快だし、人情ヤクザものとしても相性のいい作品になっていました。俳優が実にキャラをエンジョイしており、主演の西田敏行はコミカルかつユーモアもあって好演。ラストの出演者達によるダンス・シーンは映画的な見どころとしてこれ以上ない盛り上げポイントでした。
●Mコメンテーター  
最高にかっこいい西田敏行が魅せる、至極のエンターテインメントが開幕! 映画のあらゆる場面で流れるブラックミュージックは、クライマックスに向けての気分をガン上げ。最近の邦画は音楽にしっかり向き合った作品が少なく、この真摯さが清々しい。弾けまくる登場人物達と一緒に歌いたくなるような作品で、ありえないぶっとんだ展開も心地よいし、西田敏行をはじめとする俳優陣の演技の見事に融合して、最高の完成度を誇る映画だと思う。
●Sアナリスト 
フィクションをちゃんと理解して楽しめる人向けの映画でしょうね。これはリアルじゃない!とか言う人はこういうタイプの作品は手を出さないほうがいいかもしれない。逆にそれを踏まえて物語を楽しめる人はハマれるでしょう。題材の音楽への知識はそこまでも求めてないですが、知ってるとなお良しです。ジェームズ・ブラウンへのリスペクトがビンビン伝わるので嬉しくなるはず。ミュージカルの要素が入っていて明るいながらも胸が熱くなります。
●PARAVI  
冒頭でジェームス・ブラウンの「It's a Man's Man's Man's World」が流れて思わずのめり込みました。印象的な曲なので、初っ端から引き込まれますね。全体的に、アホかという内容ですが、西田敏行が素敵だし、踊る岸部一徳もいい味だしていて、勢揃いしたキャストがグイグイ引っ張っています。井筒監督の映画らしさ抜群で、あれこれとツッコみだしたらキリがないですが、そこは抑え込んで「ゲロッパ」で生きましょう。