何者(2016)

何者

就活に挑む若者たちのリアル・ドラマ

「桐島、部活やめるってよ」の原作者として知られる朝井リョウが、平成生まれの作家として初めて直木賞を受賞した「何者」を映画化。就職活動を通して自分が「何者」であるかを模索する若者たちの姿を描いた。演劇サークルで脚本を書き、人を分析するのが得意な拓人。何も考えていないように見えて、着実に内定に近づいていく光太郎。光太郎の元カノで、拓人が思いを寄せる実直な瑞月。「意識高い系」だが、なかなか結果が出ない理香。就活は決められたルールに乗るだけだと言いながら、焦りを隠せない隆良。22歳・大学生の5人は、それぞれの思いや悩みをSNSに吐き出しながら就職活動に励むが、人間関係は徐々に変化していく。

原題:何者 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年10月15日 / 上映時間:97分 / 製作会社:東宝映画 / 配給:東宝

【無料動画】

映画『何者』予告編

(C)2016 映画「何者」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

ストレスやプレッシャーの渦巻く世の中で懸命に葛藤する人間模様を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。これらのサービスは2種類のタイプがあり、ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、作品数が少ないのならぴったり。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額で多くの映画が観れるので非常に便利です。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「何者」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『何者』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:三浦大輔(関連作品:『愛の渦』)
脚本:三浦大輔
音楽:中田ヤスタカ

★【キャスト】
佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之

★【インタビュー】
・佐藤健「すべて現場でしか生まれないので、何がアドリブで何がアドリブではないのか、意識していなかったです。台本に書かれていたこと、書かれていなかったことを、現場に入ると俳優たちは誰も気にしないんです」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.02.89/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●無料ホームシアター 
心にグサッとくると同時に、自分の中にある何か抑圧されていたものが洪水のようにあふれ出す感じ。いわゆる最近の若者向けの邦画とは全く違いました。だって都合のいい展開が何もないのだから。颯爽と駆け付けるヒーローもいない。必ず勝てるという努力の保証もない。ドラマチックな正解に導く快感もない。だからこれを観たくない人もいる。それでも向き合わなければいけないリアルがあるので、結局映画から目を背けても現実は逃げられない。
●映画フリー
テーマ曲がいいですね。ラストの何とも言えない開放感というか、未来に向かって進もうとする姿を強調してくれます。それは良い道とは断言できないけども、進むしかない。進路はどうしますか?という誰もが聞かれたことある質問は、非常に投げやりで無責任だ。逆に聞いてやりたい。あなたの進路はどうだったのですか。それは正解でしたかと。そんな悩みを現在進行形で抱えている若者たちは何者になるのか、この映画ではあえて見せないのがいい。
●BILIBILI
就活ドラマだけどシンプルなTVドラマ風の展開はない。舞台劇のような感覚。全てのキャラがリアルで、自分に重ねてしまうというのは見た人の気持ちではないか。視聴した時の感想は辛さが一番だった。でも決して悪いものではなかった。誰でも何になりたいかはわからないし、何者にもなっていない時期の就活。でも、面接では自分を定義して良く見せる必要があるので、嘘でもいいから自分を偽る。その生々しいリアルがこの映画には描かれていた。