ある天文学者の恋文

名匠トルナトーレが贈る謎めいたイタリア・ミステリー

イタリアの名匠ジュゼッペ・トルナトーレが、名優ジェレミー・アイアンズとオルガ・キュリレンコを主演に迎えて描くヒューマンミステリー。音楽はトルナトーレ監督作おなじみのエンニオ・モリコーネが担当。著名な天文学者のエドと教え子のエイミーは、周囲には秘密で年の差の恋愛を満喫していた。ある日、大学で授業を受けていたエイミーのもとに、出張中のエドから「もうすぐ会える」というメールが届くが、エドの代わりに教壇に立っていた別の教授から、エドが数日前に亡くなったという訃報を知らされる。その後もエイミーのもとにはエドから手紙やメール、贈り物が届き、疑問を抱いたエイミーはエドの暮らしていたエジンバラの街を訪れる。そこでエイミーは、彼女自身が誰にも言えずに封印していた過去について、エドが調べていたという事実を知る。

原題:La corrispondenza / 製作:イタリア(2016年) / 日本公開日:2016年9月22日 / タイム:122分 / プロダクション: / 配給:ギャガ

ある天文学者の恋文 予告編

(C)COPYRIGHT 2015 - PACO CINEMATOGRAFICA S.r.L.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼U-NEXT(31日間無料)
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼dTV(31日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Netflix(1か月無料)

▼『ある天文学者の恋文』の無料動画は見れる?▼

謎めいたストーリーで観客を魅了してくる作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなミステリアスな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信なので視聴スタイルも自由。外出先の通勤通学などで見るならスマホ、ながら作業しながらなんとなく観るならパソコン、大画面で観るならテレビ、持ち運ぶならタブレット。ユーザーの好みに合わせられ、場合によってはツールを変更しながら鑑賞ができます。

しかも、ビギナーにもラッキーです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ある天文学者の恋文」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ある天文学者の恋文』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ある天文学者の恋文』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ
脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ
撮影:ファビオ・ザマリオン
音楽:エンニオ・モリコーネ

★俳優
ジェレミー・アイアンズ、オルガ・キュリレンコ、シャウナ・マクドナルド

★『ある天文学者の恋文』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.1 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『ある天文学者の恋文』の反応

●Mコメンテーター  
「天文学者」と「恋文」のタイトルからどんなロマンチックな物語が始まるのかとワクワクしていたら、ロマンチスト大満足のご褒美映画でした。ちょっと話が綺麗すぎるくらいですね。ジェレミーアイアンズとオルガキュリレンコが年の差カップルという要素も注目点だったのですが、二人とも絵になるので決まってます。普通の恋愛というには少し現実離れしていますが、エンニオ・モリコーネの生み出す美しい音楽も合わさって良い世界観がありました。
●SPACEMOV  
愛する人が亡くなった後にもメールやレターが届いたら、どうするか。もちろん心がかき乱されるのは当然。動揺しまくるはずだ。ここまでは普通の恋愛ものかなと思うのだが、ここからの物語は不倫の要素も混ざりながらの不思議なバランスで、ラストの前向きな感じになっていく。こんなに愛せる人がいるのは羨ましいし、良い事かもしれないが、意外な着地だった。この違和感は、欧米と日本かの違いがこれを許すのか、それとも作品独自のものなのか。
●Bジャーナリスト  
死んだ星と対話する天文学者の現実を、地上の恋にダブらせた、ファンタジックな領域にさえ到達する佳作。開始10分で「えっ」ってなる展開に、スイートな甘いロマンスをイメージしていた私は意表を突かれてしまいました。不倫とか死っていう負の要素というか生っぽい現実感のバランスが絶妙で、普通の恋愛映画には飽きたという人には向いているでしょうね。俳優の皆さんもとても素敵ですし、それを見るだけでも目の保養にはなりますけども。