ベン・ハー(2016)

ベン・ハー(2016)

アカデミー賞11部門を受賞した歴史的大作が新たに蘇る

アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか史上最多11部門を受賞したウィリアム・ワイラー監督の歴史的大作をリメイク。貴族のユダ・ベン・ハーは幼馴染で義兄弟のメッサラにより暗殺未遂の罪に問われてしまう。数年間ローマの奴隷として過ごした彼はナザレのイエスとの出会いの後、戦車競走でメッサラに挑むことで復讐を果たそうとする。

原題:Ben-Hur / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年1月(DVDスルー) / 上映時間:141分 / 製作会社:Sean Daniel Productions / 配給: / 製作費:1億ドル / 興行収入:9410万ドル

【無料動画】

映画『ベン・ハー』予告編

https://youtube.com/watch?v=DfSYtdQQVzU%3Flist%3DPLQ7_GA82PpMGBaHHowmE-Ucs__mY7UA5M


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

不朽の名作として映画ファンに語り継がれる作品はリメイクした映画はそれだけで見ごたえがあります。そんな注目作をお得に観るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりも簡単。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計もあり、利用者数はさらに増えています。ウェブサイトにアクセスしてタイトルを検索するだけで確認できるので試す価値はありです。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ベン・ハー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ベン・ハー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ティムール・ベクマンベトフ(関連作品:『リンカーン 秘密の書』)
脚本:キース・クラーク、ジョン・リドリー
撮影:オリヴァー・ウッド
音楽:マルコ・ベルトラミ

★【キャスト】
ジャック・ヒューストン、トビー・ケベル、モーガン・フリーマン、ロドリゴ・サントロ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.7/1024%38
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
なんで今さらリメイク?と思ったら、リメイクではなく新解釈小説の映画化らしい。だからといって観客側にとってはさほど重要じゃないのですが。違いは一応あります。メインのローマ人とユダヤ人の二人の仲についての描写を増やし、復讐劇でありながらハッピーで友情を重視したような感じ。今受けを狙ったのかな。兄弟の憎み合い、奴隷船、イエスキリストの信仰普及など、ユダヤ人の迫害という要素の古典性は変わらないので、難しいでしょうけど。
●OPENLOAD
兄弟の様に育ったローマ人とユダヤ人の友情物語。ベン・ハーと言えばチャールトン・ヘストン版が思い浮かぶわけで、当然あの不朽の名作を超えるべく高い志で作られた大作なんだろうと思って観たら、それなりにお金は掛かってそうだけど(調べたら1億ドル!)、日本での公開がスルーされたのもやや納得のほころびの多い出来。最後の戦車レースのシーンもヘストン版同様熱いものがありますから、そこは楽しみにして良いかもしれないです。
●STREAMIN 
「ベン・ハー」といえば59年版の超大作が有名だが、これが数えて五作目の映画化作品となるらしい。日本ではまさかのビデオスルーになってしまった。特典映像からの受け売りだけど、今作は原作をかなり忠実になぞったらしい。ローマ軍の行進なんぞこっちの方がリアルかも。そして四時間もあるアレに比べたら約二時間と時間的にも負担が少ない。おそらくこれが最大にして最強のメリットなのは間違いない。ベン・ハー入門としておすすめします。
●DAILYMOTION 
チャールトン・ヘストンの「ベン・ハー」は映画史に残る傑作なのでリメイクする時点でとてつもない冒険だと思います。絶対に越えられない壁に挑む勇気を称賛します。きっと製作者も批判覚悟のはず。面白いのはやはり戦車競走シーン。最新の映像技術で蘇るそれは大迫力。戦車競走の死闘は、過去最高の危険な感じで、ロケ中に死人が出そうな程、激しくスピーディで良かったと思います。とりあえずここだけでも見れればあとはいいかな。