顔のないヒトラーたち

顔のないヒトラーたち

消された罪、消せない記憶

ドイツ人のナチスドイツに対する歴史認識を大きく変えたとされる1963年のアウシュビッツ裁判を題材に、真実を求めて奔走する若き検事の闘いを描いたドラマ。1958年、フランクフルト。終戦から10年以上が過ぎ、西ドイツでは多くの人々が戦争の記憶を忘れかけていた。そんな折、かつてアウシュビッツ強制収容所で親衛隊員だった男が、規則に違反して教師になっていることが判明する。新米検事のヨハンは、上司の制止も顧みずジャーナリストのグルニカやユダヤ人のシモンと共に調査を開始。様々な圧力にさらされながらも、収容所を生き延びた人々の証言や実証をもとに、ナチスドイツが犯した罪を明らかにしていく。

原題:Im Labyrinth des Schweigens / 製作:ドイツ(2014年) / 日本公開日:2015年10月3日 / 上映時間:123分 / 製作会社: / 配給:アットエンタテインメント

【無料動画】

『顔のないヒトラーたち』予告

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

歴史の中で起きた事件や史実の知られざる一面に迫った作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるよりも簡単ですし、類似の作品を連続してみるときも便利。スマホ、パソコン、テレビ、タブレットなど自由な視聴スタイルでユーザーの好みに合わせられるというメリットを最大限活用しましょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「顔のないヒトラーたち」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『顔のないヒトラーたち』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ジュリオ・リッチャレッリ
脚本:エリザベト・バルテル、ジュリオ・リッチャレッリ
撮影:マルティン・ランガー、ロマン・オーシン
音楽:ニキ・ライザー、セバスチャン・ピレ

★【キャスト】
アレクサンダー・フェーリング、フリーデリーケ・ベヒト、アンドレ・シマンスキ、ヨハン・フォン・ビューロー、ゲルト・フォス、ヨハネス・クリシュ、ロベルト・ハンガー=ビューラー、ハンシ・ヨクマン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.3/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
ドイツが自らの手でホロコーストの責任を厳しく追求したフランクフルト・アウシュヴィッツ裁判を題材にした歴史ドラマで、自国の人間が自国のものを裁くことの難しさがよく表れている。我々日本はドイツと同胞でありながら、自国を自分たちで裁くことをしてこなかった。きっとこの歴史の違いは今の日本とドイツの負の歴史認識に大きな差を作っている気がする。裁くというプロセスはすなわち自分の基盤を見つめ直すことなのかもしれない。
●DAILYMOTION 
史実に多少のフィクションを交えて進行されるシナリオは上々で、非常に勉強になる秀作でした。戦時中の正義と悪が戦後になって、逆転現象する前の過渡期の時代はまさに認識の転換点であり、迷いながらも悪と対峙していくというカッコいいものではないし、ある意味自分との戦いです。社会情勢に正義を生み出すのは至難であるという問題は、今も世界中で起こっていることなのだし、これは他人事は言えず、なんだかソワソワします。
●STREAMANGO  
もしこの裁判が開かれなくて、事実が隠蔽されたままのドイツのままだったら。そんなことを考えるとゾッとする。この映画も当然なかったし、ましてやホロコースト映画自体もなかっただろうし、もしかしたらナチス時代に後戻りしていたかもしれない。「顔のないヒトラー」というのもよく考えれば意味深。日本にだっているのではないか。顔のない人たちが。そう、日本はまだ自分たちの国の罪と向き合えていない。まだまだこれからだ。