ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実

ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実

その支援は役に立っていないかもしれない

途上国を舞台に成長し続ける貧困産業の実態に迫ったドキュメンタリー。営利目的の途上国開発業者や貧困産業が成長する一方で、先進国から一方的に押し付けられる援助により、受け手の途上国側の自活力が潰されているという実態があった。一足購入ごとに発展途上国に一足の靴が贈られるというあるシューズメーカーの取り組みは、地域産業の成長を妨げていた。その一方で、海外援助に頼ることなく、自ら起業することで課題の解決をおこなう事業者も存在する。貧困産業を取り巻くさまざまな問題に光を当て、援助のあり方を問いかけていく。

原題:Poverty, Inc. / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2016年8月6日 / 上映時間:91分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『ポバティー・インク 〜あなたの寄付の不都合な真実〜』予告編 2016/8/6公開!

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

社会の裏に潜んでいるような知られざる問題に迫ったドキュメンタリーは意外な驚きを与えてくれます。そんなびっくりするようなセンセーショナルな作品を観るなら、動画配信サービスが良いかもしれません。ネット配信なのでレンタル店でDVDを借りるのもいいですが、それ以上に気軽に見れます。ウェブサイトにアクセスしてタイトルを検索するのみ。あとは動画を好きなタイミングで見て、満足するも良し、勉強するも良しです。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『ポバティー・インク あなたの寄付の不都合な真実』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:マイケル・マシスン・ミラー
脚本:ジョナサン・ウィット、マイケル・マシスン・ミラー、サイモン・シオンカ
撮影:サイモン・シオンカ

★【キャスト】
---

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.004.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
駅前とかで「ガーナの可哀想な子供達を私たちが救ってあげましょう」的な募金をよく見かける。また、いらなくなったモノをアフリカの恵まれない子供たちに届けます的なサービスもネットを探せばいくらでもある。でも、その行為が本当に正しいかどうかはあまり考えられない。そして今作は欧米による援助が貧困国にどんな影響をもたらしているかに迫っている。途上国支援したいって言う前に絶対にみるべき一作だし、学校でも流すべきだと思う。
●映画FUN  
国際協力に携わる方は観たほうがいい映画です。「食糧援助によって貧困がふえた」こんな言葉をあなたは知っていますか。アフリカへの古着の寄付では、無料で配られる服のため、自国の綿畑はなくなり、繊維産業も衰退している。ハイチで太陽光発電を作る会社を立ち上げたにもかかわらず、支援で届く太陽光パネルが、その事業のライバルだという。誰かに喜んでもらえると思ったことは、ただの自己満足だったのか。寄付を見つめ直したい。
●STREAMIN  
「援助を受けている側」の人間はどう感じているのか。なぜ今までこの視点がなかったのだろう。「援助は本当にその国のためになるのか?」という問いから始まるドキュメンタリー映画。寄付や援助として流れたお金は、果たしてどのように使われているのか。援助という形で、途上国を新たなマーケットとして利益ありきで考えてはいないか。これは我々先進国の人間には痛い話だ。しかし、寄付地はもっと頭の痛い問題なのだ。考えないと。
●DAILYMOTION 
支援するだけでは駄目だということはわかっていたけど、援助を続けることで悪循環に陥り、貧困を招いているだなんて思わなかった。一般向けの作品で、開発協力の矛盾をここまで指摘している作品はないのではないだろうか。構造的な問題があるならば、NGOや、コンサル、ソーシャルアントレプレナーたち個々のプレーヤーはどうすれば良いのだろう? その答えは自分で探すほかないのか。本当に役に立つ支援の形を模索していかなければ。