現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

家門の災難(2011)

日本でもトラブル続出!

ワケありな奴らばかりのお騒がせ一家が日本で大騒動を巻き起こす韓国コメディドラマ。企業の成功に心酔して安易な生活を送っていたホン会長一家は、生まれて初めての出国禁止解除の便りに、初めての海外旅行を準備する。暴力団精神で企業と一族を導くカリスマ大ママのホン会長、暮らしの達人に新たになった白虎組の第1人者チャン・インジェ、あふれる浮気性を持て余すことができない一族の初めての離婚男チャン・ソクチェ、ささいなことにも大きく興奮する一族の闘鶏、チャン・ギョンジェ。笑おうと出かけた日本旅行。出国審査から飛行機の中、そして、日本で着いた途端出会う銀行強盗。死ぬほど追って追われることになる彼ら。果たして彼らは無事に家に戻ることができるのだろうか…。

原題:MARRYING THE MAFIA IV / 製作:韓国(2011年) / 日本公開日:2012年8月(DVDスルー) / タイム:103分 / プロダクション: / 配給:

韓国映画『家門の受難』新作発売予告編

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】
LINK9【Gyao】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『家門の災難』の無料動画は見れる?▼

ぶっとんだ設定で観客の心をつかむ作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのも案ですが、それだとわざわざ店に足を運んで借りてから実は配信されていた事実が発覚するときもあります。それだと面倒な手間を自ら増やしただけです。そこでまずはウェブサイトにアクセスして配信の有無を確かめましょう。

しかも、スタートはラクチン。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「家門の災難」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『家門の災難』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『家門の災難』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:チョン・テウォン
脚本:キム・ヨンチャン
撮影:キム・チョンソク
音楽:キム・ウチョル、イ・ヒョンジュ

★俳優
キム・スミ、シン・ヒョンジュン、タク・チェフン、イム・ヒョンジュン、チョン・ジュンハ、ヒョン・ヨン、チョン・ウンイン、キム・ジウ

★『家門の災難』のREVIEW

IMDb RT Mt
5.5 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.1
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『家門の災難』の反応

●Cレポーター 
韓国でヒットした人気シリーズの第4弾であり、こういうシリーズものは勢いに乗ってどんどんスケールアップしていくか、マンネリして人気が衰え縮小していくかの2択だと思うのですが、今作は明らかに予算削減の影響を感じつつも、なんと舞台を日本にするというとんでもない飛躍を見せます。大丈夫かという感じですが、同じアジアだし、たいしたことはないだろうと思ったのでしょうか。それは功を成したのかどうかは実際に見て確認をしてください。
●OPENLOAD 
ヘンテコ日本描写満載な映画を作るのは何も欧米だけではない。お隣の国、韓国も同じ。ただこれは日本に対して無知というよりは、あえてドラマ上の都合でそうしているだけで、もともとぶっとんでいる気質のある作品なので、あまり気にしない方がいいだろう。日本で起こる出来事も人物も意味不明な点が多々あるが、個人的には大いに満足してしまった。これは少数派な意見かもしれないが、そういうライトな作品だと思えば何も別に問題はないだろう。
●Bジャーナリスト  
「家門の復活」につぐシリーズ第4作。これは日本ロケしているのか? 作中で飛び出してくる変な日本語とか、愛嬌として受け入れるしかない。わりとお茶らけたノリなので、そこまで鬱陶しくもないけれど。私としては役者が楽しそうなので満足。変な日本語で頑張ったチョン・マンシク、いかにも怪しいキャラのチョン・ウンイン、そしてチャーミングなキム・ジウが個性を競い合うように脇を固め、笑いに華を添えてくれているのが良いです。