現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

アクア・クリーチャーズ

ヤツらは飢えている…衝撃作!

鋭い歯が並ぶ吸盤状の口で獲物を喰いつくす不死身の恐怖生物の大群が人を襲うモンスターパニック。ミシガン州シャルルボア。平和な湖畔の町で、遊泳客の水難事故が続発。調査を開始した生物局のマイケルは、大量発生したウミヤツメが人間を襲っていることを知る。警告を発するが、水道管に侵入したウミヤツメは、街中にも出現。市民が次々と犠牲になり、シャルルボアは大パニックに陥る。このままウミヤツメの大群がミシガン湖に侵入すれば、危機はアメリカ全土におよぶ。マイケルは群れを一箇所に誘導し、高圧電流で駆除する作戦に挑むが…。

原題:BLOOD LAKE: Attack of the Killer Lampreys / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2015年5月(DVDスルー) / タイム:87分 / プロダクション: / 配給:

アクア・クリーチャーズ

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Netflix(1か月無料)

▼『アクア・クリーチャーズ』の無料動画は見れる?▼

刺激的で過激な要素も含むようなドキドキの映画はそれだけで見ごたえがあるエンターテインメントです。そんな面白い作品の数々を眺めるなら、動画配信サービスを使うのが良いでしょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいのですが、よほど借りてみたいと強く思っていないと、なかなか手は伸びません。ましてや足を運ぶとなるとさらに大変だったりします。そこでネット配信でいつでも気軽に鑑賞すれば、一気に映画が身近になること間違いなしです。

お金の心配はそこまで必要はないです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトとはキッパリ縁を切りましょう。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アクア・クリーチャーズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『アクア・クリーチャーズ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『アクア・クリーチャーズ』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ジェームズ・カレン・ブレザック
脚本:アンナ・ラスムッセン、デロンドラ・ウィリアムス
撮影:アレクサンダー・イエレン
音楽:スティーヴン・R・バーンステイン

★俳優
シャナン・ドハーティ、ジェイソン・ブルックス、クリストファー・ロイド、ザック・ウォード、レイチェル・トゥルー

★『アクア・クリーチャーズ』のREVIEW

IMDb RT Mt
3.8 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? ??
フリムビ2推奨度
D(う~ん)

★『アクア・クリーチャーズ』の反応

●Mコメンテーター 
シナリオは「ジョーズ」とまったく同じです。湖畔の町に怪物が出現する。町長は観光収入が減るのを嫌い、その事実を公表させないようにする。担当官は怪物を阻止すべく奮闘する。ところが、その怪物がウミヤツメで、生理的に嫌悪感を催すことはあれど、怖くはありません。というか、ヤツメですよ。前代未聞じゃないですか。それは怖いのかと思うのは、私たちが日本人という魚食大国に生きているからなのかもしれませんけどね。
●Cレポーター 
アサイラム発の動物パニック映画。見ました! ただただウミヤツメ気持ち悪っ!! そして安定のCGのクオリティ! ウミヤツメの死体を持っておけば襲われない! だったら皆持てばいいのに持たずに噛まれる! ツッコミどころの多さもこれぞB級! 最高じゃないですか。こんなにもツッコんで来いよ! と挑発してくる映画も珍しい。だったら受けてたとうじゃないか。これはそんな向けられたフラグに、こっちも容赦なく回収してやるお約束です。
●SPACEMOV
釣られましたー。はい、もう盛大に。魚だけにね! 全然面白くないって? それは映画の本編の話? 本筋は予想通りです。しかし、違うといえば、明らかにぶっとんでいるバトルになるということ。ウミヤツメと武闘派家族の戦いは、炸裂した血みどろ大激闘になるのです。ピラニア、サメはもう古いと言わんばかりにやってきたヤツメというニューキラーに我々はフレッシュな驚きと「その手があったか!」という感心を感じるのは…バカになったのか。
●Bジャーナリスト 
邦題に苦戦を感じるのです。「えっ、ヤツメ? そんなのどう表現すればいいんだよ。さすがにキャッチーではないよな。かといってジョーズというワードは使えないし。しょうがない、なんかエイリアンっぽいし、とりあえずクリーチャーにしておけ。それでなんとかなるだろう。アクアってつけとけば水場っぽいし。そして美女の水着でOKだろ。はい、決まり。これでパッケージ、作って」絶対にこんなやり取りがあったに違いないと思っている。