クズとブスとゲス

クズとブスとゲス

これが俺の生き様だ

自主制作映画「青春墓場」3部作が高く評価され、「東京プレイボーイクラブ」で商業映画デビューを飾った奥田庸介監督が、社会適応力ゼロな人間たちが繰り広げる血と暴力と涙の物語を、自ら主演を務めて描いた。見知らぬ女性を拉致監禁し、裸の写真をネタにゆすりで生計を立てるスキンヘッドの男。男はヤクザの下で働く商売女を毒牙にかけてしまい、逆にヤクザから恐喝されるハメになる。麻薬の売人から足を洗いながらも職が見つからず、恋人の誕生日プレゼントを買う金ほしさに、また売人の道へ足を踏み入れるリーゼントの男。男からのプレゼントに恋人は喜ぶが、それが売人で得た金と知り大喧嘩となる。1人バーで心の傷を癒す女にスキンヘッドの男が近づき、いつものように女を罠にかけ、女は金のためにデリヘル嬢として客を取るようになる。

原題:クズとブスとゲス / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2016年7月30日 / 上映時間:141分 / 製作会社: / 配給: 

【無料動画】

映画『クズとブスとゲス』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

あまりにも痛々しく、挑戦的な作品もマイナーではありますが、この世には存在しています。邦画の中でも一際インパクトのある映画を楽しみたいなら、動画配信サービスを使って配信していないかまず検討してみましょう。これはネット配信であり、もし配信しているならこれ以上便利なものはありません。ウェブサイトにアクセスしてすぐに視聴を開始できるので、ストレスなしで自分の自由に鑑賞ができます。もちろんスマホもOKです。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「クズとブスとゲス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『クズとブスとゲス』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:奥田庸介
脚本:奥田庸介

★【キャスト】
奥田庸介、板橋駿谷、岩田恵里

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.02.75/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
スキンヘッドは、ほんと強烈なキャラで卑劣やな。でも女性に強引にいく会話のやりとりには感心。情熱バカ的な男と女性の関係性は切なくてよかったです。ラストカットもいいシーンだった。タイトルがタイトルだけに、バイオレンスばかりのめちゃくちゃな内容かと思ってましたが、意外に人間ドラマとして面白い。ブスはあまり関係ないかな。クズとゲスが中心。どうしようもない愚かさでもそれが事実なら隠すのは馬鹿らしいのだ。
●映画フリー
主人公は相当ひどい奴だけど、もっとひどい奴が出てくると、なんだか応援してしまうという不思議。あと、やたら感情豊かなチンピラが出てくるんだけど、彼女のためにがんばる姿がかわいくて、俳優の演技も魅力的。本当に良かった。どいつもこいつもダメダメでだらしなさがハンパない。言葉にしなくても這い上がれないどうしようもない心が伝わる。説明なんかいらない作品。言葉で語ればそれ自体が嘘っぽくなってしまうのだから。
●BILIBILI 
監督の作品は自主映画のころからたまたま見る機会があり、あんまり面白くないし、美学がありすぎて、汚さがあまりないのが、みていられなかったが、この作品は下品丸出しで、滅茶苦茶面白かった。ここまで笑える映画も珍しいね。お前芸人かという台詞はなるほどね。これ奇跡的に傑作になったのは、監督のルックスが金だしても買えないほどの、面白さだったからということだろう。こいつが演じるから面白くなったというお手本のような作品だった。
●VIDEOEYNY
無理でしょ、こんな映画。他の役者だったら、まずもたないね。無茶苦茶だが、その無茶苦茶がプラスになった稀有な作品であり、これは見てないなら一度目に入れておくべき映画だろう。ハッキリって無謀もいいところ。普通は拒否する。この映画を受け入れなくてもいい。でも作品としての万人受けなんて捨てている。これは完全なそういうピンポイントを狙って打ち出した、一部の者を殺せるだけのパンチなのかもしれない。後はその拳を受けるかだ。