ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル

ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル

現代っ子の不良少年が過酷な大自然でまさかのサバイバル

バリー・クランプ原作小説の映画化し、現代っ子の不良少年がニュージーランドの大自然でまさかのサバイバル生活に悪戦苦闘しながら児童福祉局から逃げ回る珍妙コメディ・アドベンチャー。監督は『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ。施設から年老いた女性とその兄ヘックに引き取られた少年リッキーは、ある日、ニュージーランドの原生林に入り込んで立ち往生してしまう。ヘックは少年を見つけるが、その途中で足をケガして動けなくなり、大自然の中でのキャンプ生活を強いられるのだった。この状況を誤解した捜査当局は、妻を失って精神的に不安定だったとされるヘックが危険人物で、少年を誘拐したのではないかと見て捜査を開始するが…。

原題:Hunt for the Wilderpeople / 製作:ニュージーランド(2016年) / 日本公開日:2017年5月(DVDスルー) / 上映時間:101分 / 製作会社:Defender Films / 配給: / 製作費:250万ドル / 興行収入:2300万ドル

【無料動画】

HUNT FOR THE WILDERPEOPLE - NZ Trailer

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

ユニークな設定で観客の心をつかんで離さない映画はそれだけで見ごたえがあります。そんな愛情いっぱいのストーリーを楽しむなら、動画配信サービスがオススメです。ネット配信なので、レンタル店でDVDを借りるよりも楽です。大作ばかりでなく、劇場公開していないようなマイナーな作品も揃えています。通勤通学などでちょっと時間が空いているときに見ることでプライベートな時間やスケジュールを圧迫することなく映画を楽しめます。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるインセンティブがあるので心配無用です。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『ハント・フォー・ザ・ワイルダーピープル』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:タイカ・ワイティティ(関連作品:『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』)
脚本:タイカ・ワイティティ

★【キャスト】
ジュリアン・デニソン、サム・ニール、リマ・テ・ウィアタ、レイチェル・ハウス、オスカー・カイトリー、スタン・ウォーカー、コーエン・ハロウェイ、リス・ダービー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.9/1097%81
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
大爆笑です。この不良少年を演じた役者は本当に素晴らしいですね。この絶妙なウザさがたまらないし、可愛くもあり…。基本はコメディなのでリアリティはあまり気にしないオーバーな展開のオンパレード。しかも、ニュージーランドの大自然を生かしたド派手なことをやってのけます。大炎上からの大追走劇。そこまでして追いかける!?という謎の執念。それでも物語は止まらない。そしてちゃんと最後は「イイハナシだな~」で着地する。鮮やか!
●SPACEMOV  
タイカ・ワイティティによる擬似父子のロードムービー…道路は出てきませんが。この監督はなぜこうも物語に勢いがあるのか。むしろノリだけで全てを持っていく感じさえもする。少年と爺さんという二人の社会から邪魔者扱いされている存在が、社会支配層から逃げ惑い、自分の居場所を見つける話と言う風に真面目に解釈もできる。でも、とことんふざけていくので、難しく考えなくていい。誰でも楽しめるエンタメに変えてしまう天才である。
●DAILYMOTION  
お涙頂戴系の難しいハートフル映画なのかと思ってたら、軽くて笑える痛快サバイバル&ちょっとアクションもありな映画でした。日本では劇場で公開されなかったのですけど、世界的には非常に評価が高い一作で、本当にもったいないです。ヒップホップから日本ネタまで、どれだけ手広いのだろうと思うほどのカバー範囲。そこから繰り出される笑いは、国関係なく通じるユーモアがほとんど。漫画的ですらあります。見て損はないコメディです。