現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス

地球と水星が衝突するまで時間はない

水星探査に向かった宇宙船ノーチラス号が、消息を絶った。同時に地球を襲う、猛烈な電磁波と隕石雨。物理学者のプレストンは、太陽活動の異常により水星が軌道を外れたことを知る。このままでは地球と水星は衝突、人類は滅亡する。破滅を回避するため、プレストンは封印されていた《プロジェクト7》を再起動。それは、宇宙空間を漂う小惑星を標的に激突させ、その軌道を変えるという計画だった。だがそのためには、宇宙船を小惑星に送り込む必要がある。プレストンは、ノーチラス号の宇宙飛行士である妻ヴィクトリアと共に、実行不可能な作戦に挑むが…。

原題:Collision Earth / 製作:カナダ(2011年) / 日本公開日:2012年9月(DVDスルー) / タイム:91分 / プロダクション:Cinetel Films / 配給:

アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス』の無料動画は見れる?▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスはそれだけで心臓に悪いですが面白くもあります。そんなスペクタクルな映画を観るなら動画配信サービスがオススメです。ワクワクさせるような映画もあれば、「あれ?」と期待を別の意味で吹き飛ばすような作品も揃っています。レンタル店でDVDを借りる程ではない映画を観る時に最適です。気軽に動画を視聴できますし、スマホならばどこでも見れるのでとても便利になっています。

しかも、ビギナーにもラッキーです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ポール・ジラー
脚本:ライアン・ランデルス、ルディ・ソウバーガー
撮影:トーマス・M・ハーティング
音楽:マイケル・ニールソン

★俳優
カーク・アセヴェド、ダイアン・ファール、アダム・グレイドン・リード、チャド・クロウチャク、ジェシカ・パーカー・ケネディ、デヴィッド・ルイス

★『アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス』のREVIEW

IMDb RT Mt
3.4 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 1.8
フリムビ2推奨度
D(う~ん)

★『アルマゲドン2012 マーキュリー・クライシス』の反応

●Mコメンテーター 
アメリカが宇宙モノディザスターパニックを作るなら、カナダだって負けていられないという覚悟があったのかは不明ですが、そんなノリとしか思えない作品がこの作品。邦題はアルマゲドン・年数シリーズになっていますが、言うまでもなく、「アルマゲドン」とは関係ありません。実際、テレビ・ムービーということもあり、そのクオリティもTV番組レベル。ただ、カナダ基準でこれがどれくらい作りこまれているのかは知りませんし、興味もないです。
●OPENLOAD 
太陽系の惑星の中では最も小さいと言われている水星。といってもそれが地球に降ってきたら破壊力は抜群なわけで、さあ、大変。困った事態が起きてしまった!な展開となるこの映画。ちなみに水星の英名のもとになったメルクリウスは、ローマ神話の守護神で、商業と関係するだとか。それがまさか地球に災いをもたらして、ビジネスなんて吹き飛ばすことになるとは本当に困ったものです。ただ、このマーキュリーはツッコミどころが多いけど。
●Bジャーナリスト 
毎度思うのだが、こういう海外のテレビムービーが日本でパッケージ販売されているということは、現地では海外に売れるという狙いで売っているのでしょうか。だとしたらなかなかの商売ですね。それでも視聴してしまう人間がいるから持っているのでしょうが、そんな私もそのひとり。地球と水星がぶつかるというその突飛な設定だけで満足です。むしろそのまま火星とか、木星とか、金星とかが、連携アタックをきめてくれればいいと思います。