永い言い訳

永い言い訳

妻が死んだ。これっぽっちも泣けなかった

西川美和監督が、第153回直木賞候補作にもなった自著を自身の監督、脚本により映画化。人気作家の津村啓こと衣笠幸夫は、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失うが、妻の間にはすでに愛情と呼べるようなものは存在せず、妻を亡くして悲しみにくれる夫を演じることしかできなかった。そんなある時、幸夫は同じ事故で亡くなった妻の親友の遺族と出会う。幸夫と同じように妻を亡くしたトラック運転手の大宮は、幼い2人の子どもを遺して旅立った妻の死に憔悴していた。その様子を目にした幸夫は、大宮家へ通い、兄妹の面倒を見ることを申し出る。なぜそのようなことを口にしたのか、その理由は幸夫自身にもよくわかっていなかったが…。

原題:永い言い訳 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年10月14日 / 上映時間:124分 / 製作会社:AOI Pro. / 配給:アスミック・エース

【無料動画】

映画『永い言い訳』予告編

(C)2016「永い言い訳」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えつつも懸命に前に進む人間模様を描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを効果的に利用しましょう。ネット配信ですから、レンタル店でDVDを借りるのとは違って、非常に簡単に動画を視聴できます。家では時間がなかなか取れない人でも安心です。スマホで鑑賞すれば、ちょっとした時間の空いた隙に見ることができます。

「お金がかかるよね…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「永い言い訳」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『永い言い訳』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:西川美和(関連作品:『夢売るふたり』)
脚本:西川美和
撮影:山崎裕

★【キャスト(キャラクター)】
本木雅弘(衣笠幸夫/津村啓)、竹原ピストル(大宮陽一)、藤田健心(大宮真平)、白鳥玉季(大宮灯)、堀内敬子(大宮ゆき)、池松壮亮(岸本信介)、黒木華(福永智尋)、山田真歩(鏑木優子)、深津絵里(衣笠夏子)、松岡依都美(栗田琴江)、岩井秀人(桑名弘一郎)、康すおん(大下潤之介)、戸次重幸(田原尚也)、淵上泰史(甲斐くん)、ジジ・ぶぅ(増田耕作)、小林勝也(山本康三)、木村多江、マキタスポーツ、サンキュータツオ、プチ鹿島

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.80/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
役者陣の演技がそれぞれの人生の時期をうまく描いていて、映画を観たあと、その人に合った余韻に浸り続けられる、そんな美しい作品でした。タイトルに全て込められている感じ。本木さん演じる幸夫がひどく自己中で子どもじみているように、大人のダメな部分が凝縮されているような存在。でもこういうクズさは大なり小なり誰にもあるもので、その弱さを突き付けられるからこそザワザワする。西川監督は女性だけど男の内面を描くのがうまいですね。
●BILIBILI 
西川監督の演出が隅々まで行き渡っています。文句の付けようがない傑作だと思います。西川監督は是枝監督との関係が深いと思いますが、「そして父になる」のことをかなり考えながら観てました。近いものがありますよね。夫になり切れない男みたいな感じで。誰かが犠牲になったり、居なくなってしまったりしないと、今まで気付かねばならなかった事に気付けない。その残酷さって本当にそうなってみないと実感できないもので、苦しいのです。