映画ドラえもん のび太の人魚大海戦

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦

シリーズ第30弾。僕らの絆は海よりも深い

30周年を迎えたシリーズ「映画ドラえもん」の30作品目。テレビアニメ版の総監督を務める楠葉宏三がメガホンを取り、劇場版オリジナルストーリーを展開。のび太とドラえもんがひみつ道具「架空水」で町を海の底にして遊んでいると、5000年前に地球へやってきた人魚族の王女・ソフィアが迷い込んでくる。のび太たちはソフィアと一緒に海の世界へ冒険に出かけるが、突然巨大ウツボに襲われ、しずかちゃんが何者かにさらわれてしまう。

原題:映画ドラえもん のび太の人魚大海戦 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年3月6日 / 上映時間:99分 / 製作会社: / 配給: / 前作:『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』 / 次作:『ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 はばたけ 天使たち』

【無料動画】

[のび太の人魚大海戦]劇場予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

世代を超えて根強いファンに支えられているような人気作は面白さ満点です。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用して見れないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのが一般的な人も多いですが、それだと全作品を揃えるだけでも大変です。ネット配信であれば、一挙配信している場合もあるので、シリーズを満喫するなら最高の選択肢です。初心者でも簡単に始められるので試す価値はありです。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなってもったいないことになります。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

『映画ドラえもん のび太の人魚大海戦』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:楠葉宏三
脚本:真保裕一
音楽:沢田完

★【キャスト】
水田わさび、大原めぐみ、かかずゆみ、木村昴、関智一

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー
海中の映像が非常に綺麗であり、映像は見ごたえがありました。冒頭もドラえもん映画の定番とも言えるような始まり方で思わず引き込まれました。様々なツッコミどころはもちろんあるのですがこの、子供やファミリーに向けて作られた映画に対してそれをいちいち指摘するのは明らかにヤボというものでしょう。もし自分に子供がいたとして、映画館デビューさせるなら絶対こういう作品だよなあと思います。
●無料ホームシアター 
この映画は声優陣が新しくなってからの作品で1番面白かったです。ストーリーは非常に単純で、分かりやすい。ヒロインも可愛いし、少しずつ王女らしく成長していく。ドラえもんシリーズでは環境問題をテーマにすることが多いけど、今回は「海をきれいにしましょう」ということが非常に簡単に語られているだけで、誇張もなければ説教じみたこともない。大切なことは仲間を信じて最後まであきらめないこと。そして色々な意味での勇気を持つこと。
●BILIBILI
メッセージは普遍的。勇気と仲間。そういうことが小さな子供たちにも(もちろん大人にも)分かりやすく描かれていました。決して評価の低い映画ではないです。旧ドラの海底鬼岩城を観ているとニヤリとできる登場があるなど、ファンサービスも気が利いているし、全体的には肯定したい一作です。途中、武田鉄矢の歌が流れて昔のドラえもん映画を思い出した人は、完全に年齢が特定されそう。でもあのアイディアはもうやらないでほしいかな。
●CRUNCHYROLL 
わさドラ作品はドラミちゃんがほぼレギュラー状態で登場することになっているけど、今作は魔界大冒険に続きメインメンバーへと出番アップ。ファンは歓喜。ドラミがいるとチートキャラが2体になるので物語がイージーモードという指摘があるけど、たいてい映画の4次元ポケットはあまり都合よく機能しないので、あってもなくてもあまり気にしなくていいですね。少なくとも数の問題じゃないし。それにしても出木杉君…。モブだな、ほんと…。
ドラえもん

★【劇場版 ドラえもん を総復習!】

  • 第1作『のび太の恐竜』
  • 第2作『のび太の宇宙開拓史』
  • 第3作『のび太の大魔境』
  • 第4作『のび太の海底鬼岩城』
  • 第5作『のび太の魔界大冒険』
  • 第6作『のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)』
  • 第7作『のび太と鉄人兵団』
  • 第8作『のび太と竜の騎士』
  • 第9作『のび太のパラレル西遊記』
  • 第10作『のび太の日本誕生』
  • 第11作『のび太とアニマル惑星(プラネット)』
  • 第12作『のび太のドラビアンナイト』
  • 第13作『のび太と雲の王国』
  • 第14作『のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』
  • 第15作『のび太と夢幻三剣士』
  • 第16作『のび太の創世日記』
  • 第17作『のび太と銀河超特急(エクスプレス)』
  • 第18作『のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記』
  • 第19作『のび太の南海大冒険』
  • 第20作『のび太の宇宙漂流記』
  • 第21作『のび太の太陽王伝説』
  • 第22作『のび太と翼の勇者たち』
  • 第23作『のび太とロボット王国(キングダム)』
  • 第24作『のび太とふしぎ風使い』
  • 第25作『のび太のワンニャン時空伝』
  • 第26作『のび太の恐竜2006』
  • 第27作『のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~』
  • 第28作『のび太と緑の巨人伝』
  • 第29作『新・のび太の宇宙開拓史』
  • 第30作『のび太の人魚大海戦』
  • 第31作『新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』
  • 第32作『のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~』
  • 第33作『のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』
  • 第34作『新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』
  • 第35作『のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』
  • 第36作『新・のび太の日本誕生』
  • 第37作『のび太の南極カチコチ大冒険』
  • 第38作『のび太の宝島』

サイトについて

シェアする

フォローする