ソーローなんてくだらない

ソーローなんてくだらない

こんな僕にも愛をください

青春と性をテーマに監督たちが独自の個性で自由に製作する「青春H2(セカンド)」シリーズの4作目。自称役者の青年・晴生はバイト先のかわいい研修生・百瀬とセックスを試みるが、早漏でズボンを脱ぐ途中で終わってしまう。その日から晴生は早漏克服のための涙ぐましい努力を始めるがうまくゆかず、同じアパートでルームシェアするノンに助けを求める。アパートの共用スペースの掃除を条件に、ノンも嫌々ながら晴生に手を貸すことになるが…。

原題:ソーローなんてくだらない / 製作:日本(2011年) / 日本公開日:2011年8月20日 / 上映時間:102分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

『ソーローなんてくだらない』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

人間が誰しも抱えるコントロールの難しい欲望。そんな感情の乱れを繊細にかつ生々しく描いた作品を楽しみたいなら、動画配信サービスを活用してみましょう。これはネット配信なので、レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、それと違って人目を気にする必要がありません。さらに返す必要もないので、すぐに視聴して、それで終わり。また、アダルトな作品を扱っているサービスもあるので、同時に利用すれば一石二鳥です。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ソーローなんてくだらない」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『ソーローなんてくだらない』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:吉田浩太
撮影:関将史
音楽:朝真裕稀

★【キャスト】
芹澤興人、梅野渚、安田沙耶、小西平祐、千葉ペイトン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地  
青春H2シリーズに連なる一作で、テーマはずばりソーローだ。あまりにもソーローすぎる主人公が成長していく。虚勢で生きるその姿勢はまさに青春を感じずにはいられないし、痛々しくも輝かしい。逃げて逃げて、どこにも行き着けない。でも、それに気付いて前向きに生きてみてもどこにも行き着けないかもしれない。しかし、それでいいのだと納得していいのか。暗澹とした悩みがまさにエンドレスで小さな世界を知らぬコイツを苦しめるのだ。
●映画FUN 
人生に発射を決める一発はない。何度でもチャンスはある。くだらないなんて言わないでください。ただ愛に敏感なだけなのです。愛に鈍感になったら、それはそれで悲しい事じゃないですか。フリーターのどうしようもない男が早漏を治すお話をここまで赤裸々に描かれてしまったらね。同感というか、同情するしかないというか。それでも健気に生きているのだから、バカにしてはいけない。これも現実を生きるひとつの人生なんだから。
●BILIBILI  
女性にとっては本当にくだらなくて馬鹿でちゃちかもしれないが、男にとってはどうしても意地でも守りたい、男のプライドというものが必ず内には秘めている。そんなプライドの為に、弱ったらしく惨めな自分の為に、必死で戦った主人公がそれをきっかけに大きくそれなりの価値ある前進をし、きっと何か成長を遂げたといえるだろう姿に変わっていくポジティブな話。性描写はそこそこなので、あんまり悪目立ちはしない程度です。
●VIDEOEYNY
青春Hとついてるだけあって、性描写は多いけど、それ目的のポルノな映画ではない。主人公のはるおは全然羨ましくない日常を過ごし、底辺を這いつくばっている。ソーローなんてくだらないなんてことはない。でも本人はそれどころじゃない。この視野の狭さはしょうがない。愛の手を差し伸べてあげれば、きっと満足する。それも一瞬だけ。くだらなくも足掻きを見せる。その体当たりで演じている役者にも拍手を送りたい。