現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

ミュージアム(2016)

凄惨な殺人事件。その奥に隠された意外なカエルの正体とは?

過激な描写と緊迫のストーリー展開で人気を博す巴亮介の人気サイコスリラー漫画を、これが初タッグとなる小栗旬主演×大友啓史監督により実写映画化。雨の日だけに起こる猟奇殺人事件を追う刑事の沢村久志。犯行現場に残された謎のメモや、見つけられることを前提としたかのような凄惨な死体から、カエルのマスクを被った犯人像が浮かび上がる。通称・カエル男と呼称されるようになった犯人を追い詰めていく沢村だったが、カエル男の仕組んだ残酷な罠にはまり、絶望的な状況に追い込まれていき…。

原題:ミュージアム / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月12日 / タイム:132分 / プロダクション: / 配給:ワーナー・ブラザース

映画『ミュージアム』特報【HD】2016年11月12日(土)公開

(C)巴亮介/講談社 (C)2016映画「ミュージアム」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『ミュージアム』の無料動画は見れる?▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスは面白さ満点です。そんなスリルいっぱいのエンターテインメントを満喫するなら、動画配信サービスを用いましょう。ネット配信と言えば、今では利用者も増えているサービスですが、知られていないメリットもまだあります。例えば、ダウンロード機能があるので、外出先で通信制限を気にすることなく動画を視聴できるという利点を受けられます。非常にユーザーに優しいポイントです。

しかも、ユーザーにはハッピーです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ミュージアム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、「ミュージアム」を見たい気持ちをまずは抑え、原則的にクレジットカードの登録が大前提。決済方法は自由に選択可能。クレジットカードが未所持の人もいるでしょうがノープロブレム。代わりのやり方を使いましょう。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ミュージアム」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。ウイルス対策ソフトが再生を邪魔していたり、パソコンの更新アップデートで大幅な負荷がかかっていないか気をつけてください。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

『ミュージアム』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ミュージアム』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:大友啓史(関連作品:『秘密 THE TOP SECRET』、『るろうに剣心 伝説の最期編』)
脚本:高橋泉、藤井清美、大友啓史
撮影:山本英夫
音楽:岩代太郎

★俳優
小栗旬、尾野真千子、野村周平、丸山智己、田畑智子、市川実日子、伊武雅刀、大森南朋、妻夫木聡

★『ミュージアム』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.4 3.14 3.5
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『ミュージアム』の反応

●Cレポーター  
「あなたは最悪のラストを期待する」というキャッチコピーのとおりの内容でした。「あ!」っと言わせます。なによりも殺人事件の描写がかなりキツイです。死体の作りこみも相当なもので、この製作陣のお金のかけどころが凄いです。というか、なぜこれで規制がされなかったのだろう。一体日本のレーティングはどうなっているのか。カエルの真相とかはかなり都合がいいですが、そこはご愛敬ということで。映像の鮮烈さに期待しましょう。
●Sアナリスト  
とにかく俳優陣の演技が秀逸で引き込まれます。一時も目を離せない展開が続いてあっという間の時間でした。名作と私は感じる「セブン」の下位互換と揶揄される作品でしたが、あれよりは明確な動機が見えるので一般層にオススメしやすいのはこちらです。ただ、どっちにせよかなりぐちゃぐちゃとグロい映像については覚悟しないといけませんが。邦画の中ではかなり気合の入った残酷描写にこそ一番の評価を与えるべき部分ではありますね。
●VIDEOEYNY  
和製セブンですね。犯人の正体的にはちょっとヴァンパイアものっぽいけど。アーティストと自称する異常者との対峙でいえば、「デスノート」的なサイコパスとの対決と思えばいいのかもしれない。エンドロールで妻夫木聡の名前を見て、どこにいたと思ったら、いや~特殊メイクって凄いのですね。おそらく本作の一番の驚きポイントなんじゃないですか。この後味の悪さ、胸糞の悪さがなんとも言えない良さを出すのだけど、そこに衝撃という…。