トイレの花子さん 新劇場版

トイレの花子さん 新劇場版

あの伝説の怪談が再び蘇る

これまでにも映画やビデオ作品で幾度も映像化されてきた学校の怪談「トイレの花子さん」を新たに映画化。母と2人で東京から祖母の住む田舎町に引越してきた女子高生のさよは、転校初日に友だちになった真帆がいじめを受けていることを知るが、仲間はずれになることを恐れ、真帆をかばうことができない。しかし、トイレに閉じ込められた真帆が気になり、下校後の夜に再び学校にやってきたさよは、真帆が死んでいるのを発見する。

原題:トイレの花子さん 新劇場版 / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2013年6月29日 / 上映時間: / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『トイレの花子さん 新劇場版』予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

涼しくなりたいならホラーは定番の必需品。みんなで見てワイワイ盛り上がるも良し、一人で見て雰囲気に浸るも良し。自由自在に楽しめます。そんな恐怖の映画を満喫するなら、動画配信サービスを活用してみましょう。これはネット配信なので、見たい作品を観るだけでなく、関連作を続けて視聴するのにも最適。どんどん他の映画も観ていくことで、ホラー体験を持続させて、より面白い作品に巡り合うチャンスも増えていきます。

しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「トイレの花子さん 新劇場版」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『トイレの花子さん 新劇場版』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:山田雅史
脚本:ここやあんず
撮影:松井宏樹
音楽:弥栄裕樹

★【キャスト】
上野優華、水崎綾女、安田聖愛、田中瞳佳、山川りな

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.001.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
D(珍作・迷作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
絶対に面白くないと思っていました。どうせ駄作でしょと。花子さんで今さら怖くわけないと。だからハードルを地面にめり込むくらい下げに下げて鑑賞。意外と丁寧に作られた良作でした! あれ、おかしいな。確かにありきたりな、どこかで観たぞ?なシーンも多いのです。オリジナル要素を探す方が難しいのです。でもよく考えればこの題材を選んだ以上、そうなるのはやむなしだろうし、ジャパニーズホラーだからね。
●映画フリー
う~ん、すでに懐かしいを通り越して歴史さえ感じる「花子さん」。今の子どもたちにはわかるのだろうか。トイレもだいぶ綺麗になったというし。ということで、今作はその過去のイメージをひきずりまくっている花子さんの不屈の根性映画です。便器からの這いずりシーンとかね、もう伝統芸です。そのお約束さえ楽しめればOKな人向けです。とりあえず怖い雰囲気はでていたのでいいのか。花子さんはいつまで続くのでしょうか。
●BILIBILI
懐かしのトイレの花子さんを新劇場版というなんとも嫌な予感しかしないリメイク作品。トイレの花子さんにまつわる学園ホラーですが…正直、花子さんそっちのけで女同士の陰湿なイジメの方が怖ろしく描かれていた気がする。それにしても洋式か和式かがカギになるなんて…。最近の学校のトイレってどうなっているのでしょうかね。主人公がトイレの中で茫然とひっそり立ち尽くすラストシーンは何だったんだろう。
●VIDEOEYNY
トイレというキーワードもすっかりホラーの定番となった、いや、そうさせた作品が「花子さん」。そのイマジネーションの源流が商業主義の名のもとに、ここまで引っ張られて伸び切った結果、生まれたのがこのモンスター。私たちは罪なことをしてしまった。水崎綾女などキャストに若々しさと初々しさを感じるあたりも、ホラーのジャンルらしさでもある。こうやってこのジャンルは役者の登竜門的な役割も果たしているので価値がある。