ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ

時空の歪みが生み出した反転世界の秘密

子供たちに絶大な人気を誇るアニメ版「ポケットモンスター」の新シリーズ「ダイヤモンド&パール」の劇場版第2弾。ディアルガとパルキアの戦いによって時間と空間にゆがみが生じたため、この世界と鏡のような関係にある“反転世界”に異変が起こった。激怒した反転世界の主・ギラティナはディアルガを反転世界に引きずり込もうとする。一方、サトシたちは旅の途中で出会ったポケモン、シェイミとグラシデアの花畑を探すことになり…。

原題:劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年7月19日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給: / 前作:『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ』 / 次作:『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克の時空へ』

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっている証拠です。そんな人気も高い作品をお得に観るなら、動画配信サービスを有効的に利用しましょう。レンタル店でDVDを借りるとなると、たくさんの作品を揃えていくのはそれだけで非常に大変です。でも、ネット配信なら、一挙配信をしていることもあって、一気見するのも容易に達成できます。今日から映画三昧な日々をおくれるのでエンジョイしましょう。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるキャンペーンがあるので心配無用です。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空の花束 シェイミ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:湯山邦彦
脚本:園田英樹
音楽:宮崎慎二

★【キャスト】
松本梨香、大谷育江、うえだゆうじ、豊口めぐみ、小桜エツ子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
劇場版ポケットモンスターも本作で第11弾。ずいぶん長く続いたものである。きっとゲームが出続ける限り、アニメも映画も不滅なんでしょうけど。現実の世界とは裏表に存在する反転世界、その2つを行き来する伝説のポケモンギラティナ、また迷子のシェイミとの交流。これらが主軸となっている。反転世界という設定は面白いし、これはゲームの設定ままだが、ポケモン作品もマンネリを打破しようといろいろ画策しているんだなと、苦労を感じます。
●映画FUN  
ポケモンも映画では、今作も新しい挑戦をしています。なんといっても前作と直接ストーリーがつながっているという構成です。神々の戦い三部作の第二章だそうで、子ども向け作品をこうして連続させるのは珍しいのでは? ポケモン映画といえば、舞台もロケしたりして凝っているのが印象的ですが、本作の舞台のイメージとなった場所は、ノルウェーのベルゲン、ヨステダール氷河、ソグネ・フィヨルド、フロムなど北欧。新鮮です。
●DAILYMOTION 
前作からの続編になっています。生意気シェイミがかわいいです。可愛らしい容姿に反した生意気な性格が良い味になってます。その可愛いマスコット的存在と、ギラティナという中二的な存在をダブルで用意するあたりに、どの性別にも対応してますよという製作陣の狙いが見えます。ツンデレシェイミが涙を流すシーンはもうポケモン映画の定番。そろそろポケモンが泣くという擬人的なオチ以外のものも見せてほしいのですが、どうなるやら。
●CRUNCHYROLL
オレだけ置いてぼけりか…。そんなことないぞ、タケシ。お前は岩タイプの最強だ。きっと出番が消えても、降板しても、忘れない。たぶんな! DPになってからは次第に画面からもフェードアウトして、ついにはBWでは消えたタケシ。そうアイツは幻のポケモンと同列になったのです。いつか「タケシの逆襲」とか「タケシ爆誕」とかやってほしい。それくらいしてあげないと救われない。そうしなければ呪いによってポケモン映画の興収は減りますよ。
ポケモン

★【劇場版 ポケットモンスター を総復習!】

  • 第1作『ミュウツーの逆襲』
  • 第2作『幻のポケモン ルギア爆誕』
  • 第3作『結晶塔の帝王 ENTEI』
  • 第4作『セレビィ 時を超えた遭遇』
  • 第5作『水の都の護神 ラティアスとラティオス』
  • 第6作『七夜の願い星 ジラーチ』
  • 第7作『裂空の訪問者 デオキシス』
  • 第8作『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』
  • 第9作『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』
  • 第10作『ディアルガVSパルキアVSダークライ』
  • 第11作『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』
  • 第12作『アルセウス 超克の時空へ』
  • 第13作『幻影の覇者 ゾロアーク』
  • 第14作『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム』
  • 第15作『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』
  • 第16作『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』
  • 第17作『破壊の繭とディアンシー』
  • 第18作『光輪の超魔神 フーパ』
  • 第19作『ボルケニオンと機巧のマギアナ』
  • 第20作『キミにきめた!』
  • 第21作『みんなの物語』

サイトについて

シェアする

フォローする