ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク

ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク

劇場版シリーズ第13弾

人気アニメ「ポケットモンスター」の新シリーズ「ダイヤモンド&パール」の劇場版第4弾。サトシとピカチュウ一行は、「ポケモンバッカー・ワールドカップ」を観戦するため、古い街並みと近代的な建物が美しく調和するクラウンシティへと向かっていた。その道中、サトシらはポケモンのゾロアに出会い、仲間となって旅をともにする。一方、幻影を自在に操るポケモン・ゾロアーがクラウンシティを破壊し、20年ぶりに街に戻ってきた幻のポケモン・セレビィに危機が迫っていた。

原題:劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年7月10日 / 上映時間:96分 / 製作会社: / 配給:東宝

【無料動画】
(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2010 ピカチュウプロジェクト


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

何年もたっても変わらない人気の強さを誇る映画シリーズはそれだけの魅力がキャラクターや世界観に詰まっているという理由でもあります。そんな話題の映画を動画配信サービスを使えば簡単に見れます。ネット配信なら、作品をひとつひとつ借りるなんていう手間は一切いりません。一挙配信によって連続して鑑賞するのも容易です。家でスマホで見るも良し、テレビを使ってテレビアニメみたいに見るも良し、もちろんパソコンでもOKです。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

最近公開された新作&準新作から昔の旧作、ビデオスルー作品まで、ズラッと並ぶ映画は魅惑的で、今すぐ見たくなります。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール 幻影の覇者 ゾロアーク』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:湯山邦彦
脚本:園田英樹
音楽:宮崎慎二

★【キャスト(キャラクター)】
松本梨香(サトシ)、大谷育江(ピカチュウ)、うえだゆうじ(タケシ)、豊口めぐみ(ヒカリ)、小桜エツ子(ポッチャマ)、林原めぐみ(ムサシ)、三木眞一郎(コジロウ)、犬山イヌコ(ニャース)、陣内孝則(コーダイ)、加藤夏希(リオカ)、塚本高史(クルト)、山寺宏一(グーン)、中川翔子(プルーフ)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
ルカリオに続いて伝説じゃないポケモンが出るのは2作目らしく、今となってはなぜこのチョイスなのかは疑問だが、エンテイ、ライコウ、スイクン、セレビィの登場によってなんとかゴージャス感は保っている。ポケモンも数が増えすぎてキャラ過剰に陥りがちだが、今では伝説のブランドよりも素直に人気ポケモンを出す方が子ども受けがいいことになっているのかもしれない。試行錯誤を感じるシリーズ作品だった。それはきっと今後も続くだろう。
●BILIBILI 
3作続いた時系の作品が終わり新たに始まった劇場版。ゾロアークとゾロアは親子ではなく、セレヴィも前の映画とは別個体という事実を知っていろいろ大人の事情も感じたのですが、しょうがないですね。主役がゾロアークからゾロア、そしてセレビィに代わっていったのと、最後で死にかけるという定番展開からの伝説の力で復活はワンパターンなのが気になったけど、このへんのテンプレからいかに抜け出すかがポケモン映画のハードルですね。
●CRUNCHYROLL  
本作の前の三部作は神々の戦い的な位置づけだったけど本作で今までのポケモン映画に戻った原点回帰なイメージ。悪役もとことん悪なのがグッドで、子どもでもすんなりわかる物語です。ゾロアで可愛い成分を補いつつ、ゾロアークでカッコいい成分をプラスし、セレビィで幻成分をトッピング。どうだ、文句ないだろうというオールマイティなターゲット層。エンディングでは第3世代を総括した映像が流れるのは一応節目ということなのでしょうか。
ポケモン

★【劇場版 ポケットモンスター を総復習!】

  • 第1作『ミュウツーの逆襲』
  • 第2作『幻のポケモン ルギア爆誕』
  • 第3作『結晶塔の帝王 ENTEI』
  • 第4作『セレビィ 時を超えた遭遇』
  • 第5作『水の都の護神 ラティアスとラティオス』
  • 第6作『七夜の願い星 ジラーチ』
  • 第7作『裂空の訪問者 デオキシス』
  • 第8作『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』
  • 第9作『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』
  • 第10作『ディアルガVSパルキアVSダークライ』
  • 第11作『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』
  • 第12作『アルセウス 超克の時空へ』
  • 第13作『幻影の覇者 ゾロアーク』
  • 第14作『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム』
  • 第15作『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』
  • 第16作『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』
  • 第17作『破壊の繭とディアンシー』
  • 第18作『光輪の超魔神 フーパ』
  • 第19作『ボルケニオンと機巧のマギアナ』
  • 第20作『キミにきめた!』
  • 第21作『みんなの物語』

サイトについて

シェアする

フォローする