ウォーリアー(2011)

総合格闘技でぶつかり合う兄弟の愛と意地

ギャビン・オコナー監督による、アルコール中毒の父親が原因で離ればなれになっていた兄弟が総合格闘技の対戦相手として再会する姿を描いた人間ドラマ。アル中の父親から逃れるため母親と一緒に家を出たトミーが、14年ぶりに父親のもとを訪ねてきた。学生時代にレスリング選手として活躍していた彼は、高額の賞金がかけられた総合格闘技イベント「スパルタ」に出場するため、元ボクサーである父親にコーチ役を依頼する。一方、かつて格闘家の選手だったトミーの兄ブレンダンは、現在は教師として働きながら妻子を養っていたが、娘の病気に高額な医療費がかかり自己破産の危機に陥ってしまう。ブレンダンは愛する家族を守るため、総合格闘技の試合で金を稼ぐ事を決意する。

原題:Warrior / 製作:アメリカ(2011年) / 日本公開日:2015年6月15日 / タイム:140分 / プロダクション:Mimran Schur Pictures / 配給:ギャガ

ウォーリアー(字幕版)

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV
LINK9【Gyao】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『ウォーリアー』の無料動画は見れる?▼

困難な人生の壁にぶち当たりながらも懸命に生き抜いて見せた作品はそれだけで価値があります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、このサービスならメリットもたくさん。例えば、どうしても探しにくい映画でも簡単に検索できる機能や、視聴スタイルも自由に選べて、スマホからテレビへと切り替えるなど柔軟な鑑賞体験ができることが挙げられます。

しかも、ビギナーにもラッキーです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「ウォーリアー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

お試し期間はフル1か月か、月末か。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなって「ジョエル・エドガートン」の姿を見る暇もありません。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ウォーリアー」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。過剰利用でブラウザを酷使しているとメモリの消費量やCPU負荷が増大して肝心の動画再生の妨げになるので注意です。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

『ウォーリアー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ウォーリアー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ギャビン・オコナー
脚本:ギャビン・オコナー、アンソニー・タンバキス、クリフ・ドーフマン
撮影:マサノブ・タカヤナギ
音楽:マーク・アイシャム

★俳優
ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ジェニファー・モリソン、フランク・グリロ、ニック・ノルティ、ケヴィン・ダン、マキシミリアーノ・ヘルナンデス

★『ウォーリアー』のREVIEW

IMDb RT Mt
8.2 83% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 4.1
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『ウォーリアー』の反応

●Cレポーター  
元総合格闘技の選手だった学校の先生と、弟である元海兵隊員が500万ドルを賭けたリングに臨むという、これ以上ない熱い展開。両者に負けられない背景がしっかり描かれるため、観客としてはどっちも勝ってくれと思ってしまうし、先が読めないハラハラさもある。トム・ハーディの狂気を孕んだ役は恐ろしいほどだったし、ジョエル・エドガートンは、常識人でお金に悩む先生を割と淡々と演じ、終盤に爆発させて見どころを持っていく豪快さがまた怖い。
●OPENLOAD 
スポーツ映画の金字塔と並び称されても全く問題ない。『ロッキー』との違いは絶対的な主人公がいないことだ。この映画は兄弟が戦うので、視点がひとつではない。そのため視聴者側の「最終的には主人公が相手を倒すのだろう」という安易な予測が通じない。そして、『レスラー』などとも違って孤独なドラマでもなく、彼らは家族があってこその戦う意義が生まれている。つまりは家族ドラマが中心にあるのだ。ある意味、壮大な家族喧嘩でもある。
●STREAMIN  
最高の映画に出会えて感無量です。対照的な人生を歩み、やがてそれぞれに宿命を背負って総合格闘技の大会に出場した兄弟が辿る悲痛な運命の行方を、迫力のファイト・シーンとともに感情が爆発するように描いています。息もつかせぬ展開に涙が止まりません。単純なようで複雑な世界に終始のめり込み、気づけばあっという間の140分でした。ブレンダンの最後の愛してるはズルすぎる。ギャビン・オコナー監督は家族の話が好きなんでしょうか。