ハッピーアワー

ハッピーアワー

ありふれた普通のドラマを映画にしました

演技経験のない4人の女性を主演に、ごく普通の30代後半の女性たちが抱える不安や悩みを、総時間317分の緊迫感あふれるドラマとして描いた意欲作。30代も後半を迎えた、あかり、桜子、芙美、純の4人は、なんでも話せる親友同士だと思っていた。しかし、純が1年にわたる離婚協議を隠していたことが発覚。そのことで動揺した4人は、つかの間の慰めにと有馬温泉へ旅行にでかけ、楽しい時間を過ごすが…。

原題:ハッピーアワー / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2015年12月12日 / 上映時間:317分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画『ハッピーアワー』予告編

(C)2015 神戸ワークショップシネマプロジェクト


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな葛藤や苦悩を抱きながら人生をおくっていく人間の姿をストレートに描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用できないか試してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、もしかしたらネット配信でも扱っているかもしれません。それならば悩むこともなくウェブサイトにアクセスするだけで動画を観れるのでとても楽ちんです。

しかも、利用者が最も喜ぶビギナーズ・ギフトとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ハッピーアワー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

お試し無料期間についてはサービスによってタイムの扱われ方が違っているので気をつけましょう。例えば、あるサービスでは登録日から1か月という設定だったりしますが、別のサービスでは登録月の月末までとなっているタイプもありです。つまり、後者の場合は月末に近い日にお試し登録すると無料期間が非常に少なくなってもったいないことになります。お試し期間の終了日になると契約が更新されて利用料の請求がその時点で初めて発生しますが、自分で更新しないと自動解約のものもあります。

『ハッピーアワー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:濱口竜介
脚本:濱口竜介、野原位、高橋知由
撮影:北川喜雄
音楽:阿部海太郎

★【キャスト】
田中幸恵、菊池葉月、三原麻衣子、川村りら、申芳夫、三浦博之

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.0???/5.004.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【感想・批評】

●映画フリー  
上映時間の長さにやや気が引けますが、しかし冒頭からの素晴らしいシーンに引き込まれてしまい、ただただこの映画を観ている時間がこのままずっと続いてほしいと思うようになりました。でもプロの俳優さんではなくほぼ素人さんらしい。演技経験不問でワークショップに応募された人たちから選考を経て17名の方たちからスタートしたとの事。演者と役がぴったりと重なっているかの様なこのリアリティー感は何なんだろうという気持ち。
●映画FUN 
ここまでメタな映画もないでしょう。映画の「演技」って何なんだろうと、改めて考えた時、役者はその役に恰もすっぽりと入り込み、観る人に如何にリアリティーを感じさせるか、という事になるのかも知れません。プロの俳優は磨き抜かれた演技で様々な役柄をその役に成りきり、役作りをします。種々雑多な役を私達の前にその人に成りきったかのように演じます。なんだか演技の芝居論を語る教材みたいな作品でもありましたね。
●BILIBILI 
この映画が女優賞を獲得したことは衝撃というほかない。というのも、ひとりひとりの演技は非常にぎこちなくて、はっきりって上手くない。決して下手ではない。内面というものを巧みに表現できているような印象をもつから、むしろ素晴らしい表現をしているといえる。ただ、その台詞回しは非常にぎこちない。でも、それが不思議なリアリティーを生み出しているように感じてしまう。この作品で特筆すべきは、とにもかくにも「時間」だ。
●DAILYMOTION 
今の時代、この世代に起こり得る人間模様が描かれている本作、誰もが見るべきです。登場人物の紹介は割とゆったりいくが、ワークショップで転調し、登場人物たちも、観客も、物語自体も、重心に焦点を置いて、それがグラグラに揺れて落ち着きがなくなっていく。この時間を駆使したテクニックや、演技的なパラドックスをつくかのようなトリックなど、作品に見事にしてやられた気もする。普通の映画ではないのに普通って凄い。