今、僕は(2007)

今、僕は

現代の若者の苦悩を徹底的に描く

引きこもりの若者の閉ざされた心理を、いっさいの音楽を排除してリアリティーを追及し、現代の若者の脱落・再生を描いた衝撃のドラマ。母親と2人で暮らす20歳の悟は、仕事にも学校にも行かないニート状態。部屋に引きこもり、ゲームや漫画、ジャンクフード以外を拒否して暮らしていたが、ある朝、母親の友人・藤澤が現れ、半ば強引に悟を仕事場へ連れて行く。藤澤は悟の社会復帰のため努力するが、予期せぬ悲劇が悟を狂気へと押しやっていく…。

原題:今、僕は / 製作:日本(2007年) / 日本公開日:2009年2月14日 / 上映時間:87分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

「今、僕は」予告編

(C)Chiyuw All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

社会の中でさまざまな葛藤や苦悩を抱えつつも懸命にもがく人にスポットをあてた映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用できないか検討してみましょう。どうしてもレンタル店でDVDを借りることを考えてしまう人も、まずはネット配信をチェックする価値はあります。もし見つかれば、動画サイトと同じような気軽さで優れた再生環境でどんな映画も楽しむことが可能です。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「今、僕は」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったときはこのページの動画リンク欄を確認してみてください。配信する可能性のあるVODをサジェストし、具体的に配信が記録されたサービスをレコメンドしてバナーで掲示しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

動画配信サービスを使わなくても映画を合法的に無料で見られる場合があります。これはその作品がかなり昔の映画の場合に限って使える手法です。その作品がパブリックドメインであれば、実はネットにアップロードされたフル動画を視聴しても何ら問題はありません。このパブリックドメインというのは、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことを指し、映画にも著作権が切れるタイミングがあるため、該当する作品は基本的に保護されておらず自由に扱えるというものです。

VODの各作品の配信終了日時を詳しく知りたい人も多いと思いますが、一部のサービスではある程度事前に公表しているので、フリムビ2でも整理して一覧にしています(専用ページを参照)。しかし、全く終了日時を提示していないサービスもあり、また、終了日になっても配信が延長されたりすることも珍しくないので、結局はサイトで当日に確認するまでわからないのが現状です。後悔しないためにも視聴できるときに視聴するのが一番思い残すこともない安全策です。忘れないようにしましょう。

『今、僕は』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:竹馬靖具(関連作品:『蜃気楼の舟』)
脚本:竹馬靖具
撮影:宗田英立大

★【キャスト】
竹馬靖具、藤沢よしはる、弁、志賀正人

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地 
若き竹馬靖具監督の才能が光る名作。この後「NINIFUNI」の脚本を手掛けることを考えるとさすがだなという感じ。その原点がここに込められていると思う。独自の感性、そして映像への体現…こういう才能を日本の映画界は大切にしていってほしい。そう思える作品であり、観てない人は観るべきです。そんな風に言ってしまうとすごく偉そうになってしまうのですが、でもどうしてもこの映画は人の心をガンガン押していくパワーがある作品なのです。
●映画FUN 
猥雑な社会に取り残される現代的な若者の姿を見事に切り取った一作。こうしたリアルな視点で映画を撮れるのは、やはり若手ならでは。年配の日本映画の名監督には絶対に無理な話でしょう。若いとテーマ自体もとても短いものになるし、それは予算がないからこそなのですが、それ自体で生まれるクリエイティブな魂もあるんですよね。もっとこういう作品をどんどん増やしていってほしいものだと思うのですが、インディペンデント映画の現状は…。
●BILIBILI 
若者はいつの時代も悩んでいる。それは特定の時代でしか存在しない悩みではない。普遍的なものばかりであり、つまりコミュニケーション、世代間の食い違い、社会圧、さまざまな苦しさがある。これを経験したことがない人はいないだろう。しかし、なぜか大人になると若者への共感を失って、逆に若者を苦しめる側に回ってしまう。それはなぜなのかはわからないが、そういう雰囲気を漂わすのが、この映画であり、アンニュイな世界がキリキリする。
●VIDEOEYNY  
最近だと定番のように必須だとされているスキル。それがコミュニケーションですが、それって本当に良いものなのでしょうか。人が人と理解し合うといえば聞こえはいいけど、実際は力関係で、強い奴が弱い奴を圧倒していることが大半であり、言い換えればこれは言論による圧力に他ならない。それ自体の問いかけになっているのがこの「今、僕は」であるのですが、こうした視点を遠慮なくぶち込めるのも、若手の才能ならではの切り込みだと思う。