現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが欠落しています。2019年8月1日にサイトリニューアル予定です。

ピンクとグレー

世界が変わるその瞬間にあなたは何を想う

映画『ピンクとグレー』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! 詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『ピンクとグレー』の動画リンクへ。

ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大胆にアレンジして再構成し、小説では明かされなかったエピソードも描く。プロデューサーは井上文雄、片山宣、千綿英久、小川真司。人気俳優の白木蓮吾が急逝した。その死は突然で、誰も真相は知らない。自殺か他殺かも判明しない中、思わぬ人間に光が当たる。彼の少年時代からの親友で死の瞬間にも立ち会った売れない俳優・河田大貴。彼は何かを知っているのだろうか。世間の注目が集まるが…。

原題:ピンクとグレー / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2016年1月9日 / タイム:119分 / プロダクション:角川大映スタジオ / 配給:アスミック・エース

https://youtube.com/watch?v=sDrLlPCW-Qo
(C)2016「ピンクとグレー」製作委員会


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『ピンクとグレー』の無料動画は見れる?▼

いろいろな複雑で不愉快になることもある人間模様をストレートに描いた作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを活用できないか検討してみましょう。どうしてもレンタル店でDVDを借りたあとに、ネット配信に気づいてしまうパターンも多いですが、そうなるとそれまでの苦労が意味をなくしてしまうため、事前に入念に下調べをしておくのは大事であり、忘れないようにしたいです。

お金の心配はそこまで必要はないです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人にも「これなら絶対に安心できます」と自信をもってオススメできるものです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。「退会ができるかな…」という不安は一掃できます。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。「なんでこんなどうでもいいページに移動するんだ」と怒る経験はもううんざりです。なので、「大丈夫だからOK」という慢心は捨てて細心の注意をしましょう。

VODの利便性はすぐに飛びつきたくなります。「一番困るのは類似サービスが氾濫しすぎということで…」そんな懸念にもバッチリ対応。「ピンクとグレー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。困ったらこのページを参考にしましょう。「どれがいいのだろう?」という迷いにアンサーを提示できます。思わず「使いづらい!」となるヤバいサイトだらけに誘導する他サイトとは違うので安心。「やった、これで好きに鑑賞できる!」と安心する前にサイトにて最終確認しましょう。

試写はマニアには狙い目の方法です。運しだいですが、申し込みはタダなので試すのは難しくありません。なかには、ネット上で視聴可能なオンライン試写や、SNSなどで感想を書くことを前提としたレビュー試写もあります。なかなか遠方に行くほど時間がない人や、映画の感想を書いて宣伝したいという人は狙い目です。

フリムビ2では「ウォッチリスト」機能を使って自分だけのオリジナル作品リストを作成できます。今は見る時間がないけど後々に確認しておきたい…。気になる新作だから…。そんなときに映画の存在を忘れずにメモするために使えます。任意の作品をウォッチリストに登録するには、各ページにある「ウォッチリストに登録」ボタンをクリックorタップしてください。リストされた作品は専用のページでいつでも確認可能で整理できます。「ピンクとグレー」もブックマーク。動画を円滑に整理していち早く視聴するためにもこの機能をフル活用してみましょう。

『ピンクとグレー』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ピンクとグレー』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:行定勲(関連作品:『真夜中の五分前』、『世界の中心で、愛をさけぶ』)
脚本:蓬莱竜太、行定勲
撮影:今井孝博
音楽:半野喜弘

★俳優
中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥、岸井ゆきの、千葉哲也、マキタスポーツ、入江甚儀、橋本じゅん、矢柴俊博、宮崎美子

★コメント
・菅田将暉「やはり、62分後の仕掛けですよね!ずるいなと思いました」
・夏帆「実は撮影前に普段、連絡が来ないような人からも連絡が来たんですよ。「次、行定組やるんだって?体に気を付けてね」って(笑)」

★豆知識
・第20回釜山国際映画祭「アジア映画の窓」部門へ正式出品された。

★『ピンクとグレー』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.2 ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『ピンクとグレー』の反応
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑鋭い批評が炸裂。

●映画の無料動画で夢心地
これは絶対にネタバレできないタイプですね。前半は劣等感の描きの巧さ、後半は人物の描き方、演技、演出…これらのミックスがどう上手くかみ合っているかを評価する目線によって印象は変わると思います。とくにキャラクターを演じる俳優のパワーが凄まじく、思わず圧倒されてしまいました。あのオチというか、仕掛けは少々ズルいですが、個人的には全然アリで、むしろそれを映像化したこの映画の製作陣の創意工夫には拍手を送りたい気分です。
●Sアナリスト 
芸能人が芸能界の裏の出来事を演じているのでそれが真実かは知りませんが、嫌にリアリティがあって、どこまでが素で、どこからが演技なのか分からなくなるという、このあやふやさがクセになります。タイトル通りに切り替わる王道ですらあるようなトリッキーな演出を始め、行定監督は流石の手腕を披露し、ニヤリとさせられます。伏線の弱かった終盤のネタばらしなど、いろいろ言いたい部分も多いのが気になるでしょうが、そこは人それぞれで。